STORY

絆工房の原点

絆工房のある兵庫県豊岡市。コウノトリの舞う町、また数多くの日本の文豪が愛した城崎温泉がある町として有名です。ここで、絆工房の前である有限会社マジックが現代表取締役社長である笠原泰藏によって創業されました。

創業当初は、シルクプリント(俗名;スクリーンプリント)というプリント技術のみでスタート。それから34年後の現在。スポーツ業界で注目の昇華プリントというデジタル転写プリント分野にも参入し、これまで累計4000万枚のオリジナルプロダクトを世に送り出してきました。
現在も、コロナ渦中に屈することなく新工場を設立し量産のスマート化、OEM生産化を取り組んで業務体制を整備しております。
創業当社から一環して企業理念は、“絆づくりこそ至福の人生を歩むこと”。この理念は、新しい生活様式時代にも変わることはありません。企業ーお客様ー三方よし、でこれからもあなたのブランドプロダクトの絆づくりを応援させていただきたいと思っております。

事業経歴

昭和58年7月セカンド事業をフランチャイズに加盟して始める
昭和60年4月勤めていた会社を退社して専業する
昭和63年日高町観音寺に工場増設をする
平成3年10月有限会社マジックとする
平成4年6月事務所、暗室を増設する事により自社で製版を一括マネジメントできる
平成5年3月遠赤外線コンベヤードライヤー導入、Tシャツ等の専用インキで本格的に使用することができる京阪神の旗関係の商社とタイアップして本格受注始まる
平成6年4月ユニフォームマーキング加工に取り組む
平成7年11月和田山町に営業所を開設
平成8年6月和田山営業所を移動し塩津営業所を開設
平成10年10月大型インクジェットプリンターを導入
平成14年11月昇華転写システム導入
平成15年10月国体関連のスキーゼッケンを大量受注
平成16年9月大型昇華転写導入
平成17年1月大型溶剤系インクジェット導入
平成19年1月イタリアより真空式熱転写機の導入
平成19年10月新社屋に移転
平成25年4月有限会社マジックから株式会社絆工房となる

絆づくりこそ
至福の人生を歩むこと

代表取締役社長 笠原 泰藏

絆工房は、総勢20名で日々仕事しています。

1枚のオリジナルユニフォームが出来上がるまでに
この20名のスタッフが大なり小なり完成まで携わっています。

個性豊かなスタッフをご紹介

「あ、このスタッフ知ってる!」
「このスタッフにデザインしてもらった!」

スタッフを知っていただくことでより
あなたのオリジナルユニフォームがまた違って見えてきたら幸いです。

絆工房スタッフブログ 鎌倉

鎌倉 謙

入社20年目

野球ユニフォームに詳しい卸担当

社内ネットワークシステム責任者

絆工房設立当初からのメンバーで
会社の歴史と未来をメガネの奥から
見ている

アップル社のガシェットと
コンビニスイーツが大好き

映画ですぐ泣く

渡邊 慎也


入社3年目の卸担当

日夜エレクトリック・ギターからアンプに至る
電子系をいじりカット&トライ
見えない電気の世界を音に変換し楽しんでいる

誇大表現が得意。
全ての感情を倍増してアウトプット可能らしい

饒舌さにかけては社内一
「すさまじい」が口癖

西垣 明香
(さやか)

会社の扉を開くと明るい笑顔で迎えてくれる
入社4年目の小売担当

おしゃれで気配り上手の
「ニッシー」

彼女がお休みの日はお客さんは
「あれ、西垣さんは?」

社内のムードメーカーで今日も
明るい笑い声が社内に響く

師範並の美しい字を書く
ラムネ大好き

増田 哲也

入社2年目の卸担当

礼儀正しく物静かで怒った顔を見たことのない「仏の増田」

スティーブ・ジョブズと
ココ・シャネルを愛する男

長身をいかしたシックな
ファッションが似合う

瞑想を日課とし、年々髪の毛が短くなっている
一体何に向かおうとしているのか

田中 直子

ウェブ課広報担当

ワードプレスとGoogle好き 

よく会社に携帯を置き忘れ、
朝目覚ましのアラームが鳴っている
(らしい)

車の運転が下手すぎる

小國 未来

細いペン一本で陰影を描いていく
入社2年目の元気なデザイナー

既に自分のデザインブランドを確立
固定ファンを多く持つ

幼い頃からアメコミデザインの影響を受け
速写でオリジナルアートを描く

家では、ウーパールーパーと
2匹の愛猫を飼っている

足立 実咲

ポップなデザインからエッジな
デザインまで描ける入社6年の中堅デザイナー
愛犬ロクの様々なグッズを展開

おっとりした性格だが、
休日は音楽フェスに出かける
アクティブな一面も併せ持つ

寡黙だが、何気ない一言に
「お主、見ているな」

ロクも当社モデル犬として活躍中
活躍しすぎて飼い主のプロフィール写真を乗っとる

上垣 栞(しおり)

入社1年目の新人デザイナー

イラストレーターやフォトショップなどの
グラフィックソフトだけでなく、
リアル2Dシミュレーションソフトを使いこなす新人

小さな体でハイブリッドなスキルを
発揮する期待の新人デザイナー

カメラが趣味

喜多見 真理

ポニーテールがトレードマークの入社
18年のベテランスタッフ

数あるインクジェットプリンターの
中からお客様のニーズにある出力方法
をドンピシャでチョイスする野生の勘がある

黙々と作業をこなす後ろ姿は、女も惚れる「かっこよさ」

最近、四国八十八箇所巡礼を結願
一度決めたことは完遂する粘り強さに脱帽

 谷口 永宗

入社4年目のやさしくて力持ちの21歳の
「グッチ」

コロナ前は、同じ趣味をもつ友達に会うために愛車で遠方までドライブ

心に秘めた想いをゆっくりと、
だが確実にあたためて実現していく
朴訥さがある

無言実行タイプ

藤原 えるみ

入社5年目のシルクプリント担当

エキゾチックな顔立ちと
「えるみ」という名前からハーフかと
間違えるそうになるが100%生粋の日本人

4人の子持ちのパワフルママ

子供達のスポーツチームへの送迎に
日々奔走し、 子供の夢を全力サポート

会社の企画やアイデアも積極的に発信
少年野球ユニフォームのことなら藤原へ!

小倉 奈美

入社4年目の入出荷担当

当社は総務課はないが、必要備品をさりげなく
補充してくれている
しっかり者の「姐さん」

カメラを向けると何かしらポーズをとってくれる
サービス精神旺盛な女性

プロフィール写真の真面目顔は貴重な1枚

2020年4月21日火曜日9時頃、
胆嚢(たんのう)を取り、さらに姐御肌が
アップデート

宮垣 勝

昇華転写技術のリーダー
絆工房古参メンバーの一人

絆工房の数多くの機械のスペックを
全て理解。機械ことなら「この人!」

家庭菜園でつくる野菜がプロ級

メカには強いが、腰がめっぽう弱い
コルセット着用の40代

橋本 泰浩

入社1年目でありながら、
すでに鞄縫製職人としては熟年の域の
スタッフ

岩中工場責任者

「作れない鞄はない 」と
昇華転写×鞄の開発に日々熱い想いを持つ

工場で飲む朝の一杯のコーヒーが好き

駒澤 美幸

高温のプレス室でも元気に動き回っている駒澤
四季折々の花を正面玄関に飾って
お客様をもてなすガーデナーでもある

いつも明るく朗らか

同居する幼いお孫さんたちの良きおばあちゃん

衣川 昭博

バイク好き アウトドア好き
自身もバイクで通勤中

2021年さらなる体調管理でビンテージ
バイクを乗りこなす日も近し!

趣味は革製品づくり

橋本 空

デザイナーと経理の
二足のわらじを履く「空さん」

グラフィックデザインを得意とするデザイナー
自身のブランド 「アーチ」でも活躍

早寝早起き、グルテンフリーな
食生活を心がけている

ペットクッション担当

笠原 美代子

スタッフの誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなど働きやすく、かつ楽しい職場を
福利厚生からサポート

手作り味噌が美味!

笠原 泰藏

スタッフの楽しく仕事をする環境づくりに
情熱注ぐ代表取締役社長

探究心が強い
語りだすととまらない

嫌いなものは、
生命保険と
知らないということ

好きなものは
テニス  
ポットキャスト

絆工房スタッフ紹介
絆工房住所

    内容
    お問合せ内容
    お名前※必須
    フリガナ
    郵便番号
    ご住所
    電話番号※必須
    メール※必須
    LINE ID
    備考