目次

1「たぶんひんやりマスク」ネーミング誕生秘話
2他の会社のマスクと何が違うのか

3ドライメッシュマスクかひんやりマスクか

 
 
『ただでさえこれから暑いのに、マスクするともっと暑い!どうすれば、、、』
 
夏に向けて気温が高くなってきました!!!
冬のマスク着用は防寒もかねてストレスは感じませんでしたが、
気温が高くなるとマスクと肌の接触面が蒸れて痒くなったりする
いわゆる「マスク荒れ」に悩む人が多くなってきているそうです。
 

マスクがまだまだ手放せない今、なるべくさらりとしたマスク、

特に、お化粧を女性にとってはなるべく蒸れないマスクが欲しいと思いませんか?
 
今回ご紹介するのは、女性のお客様の声からネーミングが誕生したマスクなのですが、
単にひんやりするマスクが出来たことをご紹介するだけではありません。
それを説明するには、この商品が誕生した秘話からお話ししたいと思います。
 


■「たぶんひんやりマスク」ネーミング誕生秘話

 
絆工房は、速乾性と伸縮性をかね揃えた生地でオリジナルユニフォームを作成しております。
沢山の種類の生地を1反から取り揃えておりますので、ユニフォームだけでなく
下の写真のような大きな横断幕でも作成することが出来ます。
 

 
マスクもこの速乾性と伸縮性をかね揃えた生地で製作しております。
先に誕生したのが、「ドライメッシュマスク」
名前の通り、メッシュ生地で通気性もよく、サッカーやフットサルといった激しい動きで沢山の
汗をかくアスリートが着るユニフォーム生地で作られています。
 

 
スポーツユニフォーム生地で作られたマスクは、
アスリートはもちろん、一般の人にもお買い上げいただきまして好評をいただいております。
実は、この「ドライメッシュマスク」、今は、全てのサイズ(L,M,S, kids の4サイズ)が揃っておりますが、
マスク販売をスタートした際は、生産が追いつかず、「今すぐマスクを購入したい!」という
お客様のリクエストに対応しきれない時期がございました。
そんな時、1人のスタッフが
「他のユニフォーム生地でもマスクを作って、店頭にマスクがなくて困っているお客様になるべく
早くマスク届けよう!」と言いました

 
そして、別の生地でもマスクの製作がはじまりました。それが今回ご紹介するマスクなのですが、
異なる素材の生地のマスクをそのスタッフは、まず自分のお母さんに着けてもらいました。
 
異なる素材というのは、メッシュ素材ではなく、ウレタン素材の生地を使用。
ウレタン素材の生地というのは、メッシュ生地に比べてつるつるとした素材の生地です。
でも、スタッフはそういう素材情報を伝えることないくお母さんにマスクを手渡しました。
すると、

「あら、ひんやりするわ!!」

 
お母様がこのマスクを着けた瞬間に最初に口から出た言葉。
 

「たぶんひんやりマスク」のネーミングが誕生した瞬間。

 
 


 
実は、最初のネーミングは「ひんやりマスク」でした。
ただ、
 
・ひんやり感というのは個人差があること
・ひんやり感は、継続的に維持するものではないこと
・生地に特殊な冷却素材が入っているわけではないこと
慎重になるスタッフの間ではこういった意見が飛び交いました。
“ひんやりがずっと続くマスク”といらぬ誤解をお客様に与えてはいけないのではないかと。
ドライメッシュ生地にしろ、ひんやり生地にしろ
生地のクオリティーには自信があるだけに、そのクオリティーへの誤解を招いてはいけないということで
緊急会議が行われました。
そこで、ネーミングが下のようになりました。
 

たぶんひんやりマスク

 
ちょっと控えめなネーミング。
なんか奥ゆかしい・・・←こじつけでしょうか。。。
 


 
絆工房はかねてから「お客様の立場になってデザインやものづくりを考える会社」でありたいと
いう思いでオリジナル商品を開発しております。
実際に冷却機能性があるマスクがあればそれにこしたことはありません。
ただ単に「冷やす」だけの機能を求めるのであるなら。。。

しかも、今は、サージカルマスク、機能性マスクを生産する会社も続々と出てきております。

そんな中、絆工房のマスクは他社と何が違うのでしょうか。
 


■ 他の会社のマスクと何が違うのか

 
絆工房は、「お客様のオリジナル」に強くこだわる会社であること。
当社は、もちろん、白マスクも販売しておりますが、
昇華プリントという特殊な印刷技術でお客様のデザインを
マスクでもつくることが出来る会社です。
ここで、スタッフがオリジナルで作ったデザインをご紹介します。
あなたもこんなデザインのマスクを私達と一緒にお作りすることができますので
是非参考になさって下さい。
自分で作ったデザインのマスクって、季節に関係なく着けたくなりますね。
 


 
そして、お客様の中には、お着物に合わせたオリジナルマスクを作られた方もいらっしゃいます。

お着物とマスクとかんざしの色が見事に揃って美しすぎる日本の女性!
こんな素敵なマスクと着物姿だと、これから暑くなる季節でも外で出たくなってしまいます。
 
会社を含めて、私達の取り巻く環境はコロナウィルスにより一変しました。
世界規模で都市封鎖、外出規制など、あらゆる感染拡大防止に向けて対策がとられているにも
かかわらず、いまのところ終息の目途は立っていないと言われています。
いつまでマスクを着ける生活が続くか、誰も分かりません。
冒頭に述べた
『げっ!!!!ただでさえこれから暑いのに、マスクするともっと暑い!どうすれば、、、』
 
高温多湿の気温環境では、ウィルスの活性が低下すると専門家が発表する一方で
それは1年では終息することはない、とも警鐘をならしています。
また、「アフターコロナ」よりも「ウィズコロナ」という動きもあり、
ウィルスと共存するため今までのライフスタイルが大きく変わると言われています。
 
人は、変化を強いられると、そこにはストレスが生じます。
 
・今までマスクをしなかった生活からマスク着用を強いられるストレス
・自由に外出できたのに、  ステイ・ホームを強いられ会いたい人に会えない寂しさ
・アルコール依存症の一人暮らし高齢者の急増
・学校が休校になって友達に会えない寂しさ
・感情がヒートアップして行き過ぎた自粛警察
 

コロナウィルスにより、今まで経験したことのないストレス、孤独感を程度の差こそあれ、

誰しもが今、肌で感じ、体感しているのではないでしょうか。
そんな気持ちや心を、マスクで、クールダウンできたら、そんな思いでこのマスクが
誕生しました。
たかがマスク、されどマスク。
「たぶんひんやりマスク」。
あなたやあなたのチームや仲間と一緒にオリジナルマスクで心をクールダウン。
他の会社と違うのは、
オリジナルデザインが作れる会社
そして
つくるのはあなたで、そのお手伝いするのが私達であるということです。
 


 

■ ドライメッシュマスクかひんやりマスクか

あなたはどちらがお好みですか?

 

 

 たぶんひんやりマスク


つるつるとした光沢感のあるウレタン素材
もちもちしてます


 

ドライメッシュマスク


通気性があり軽いメッシュ生地
さらりとしてます

 


 
 

共通点

 

耳が痛くならない耳紐
紐の長さは調整可能


 

あなたのオリジナルデザインがプリント可能

絆工房 コロナ対策 マスク
 
 


 
いかがでしたでしょうか。
改めて、前述しましたようにひんやり感には個人差があります。
実際につけた他の声もこちらでご紹介します。
・「着けた瞬間は確かにひんやりするけど、10秒くらいするとひんやり感は感じなくなったよ」
・「クーラーの近くに着けると冷たくなったわ」
・「2枚重ねだからやはりこれからの時期暑いかも・・」
・「マスクを着用するということ自体すでに顔を覆うから暑いと感じるのは避けられないけど、
マスクの表面に軽く冷水をスプレーしたりするとさらにひんやりするかも!」
 
あなたの声やアドバイスもお待ちしております。
 
そして、今回お客様の声で誕生したマスクネーミング「たぶんひんやりマスク」と
同様、絆工房では様々なマスクを製作を検討中です。
 
少しご紹介すると・・・
・口が見えるマスク ←どんなの!??
・ジュエリーがついた魅せるマスク←おしゃれな女性必見!
・カラー紐 ←全てが白じゃつまらない!?
・親子で楽しめるプリントシートマスク←家ごもりの今、家で楽しめるマスク!
 
「たぶんひんやりマスク」のネーミングも同様に
上記のネーミングも皆さんからも募集したいと思っております。
ネーミングが採用された方にはちょっとユーモア溢れる絆プレゼントがあります。
(まだ決定してませんが・・必ずもらえる絆プレゼント)
 
最後になりましたが、
これから暑さの厳しい季節が到来します。
季節だけでなく、新コロナ時代に向けて厳しくも新しいライフスタイルが求められます。
人間が自由に動けなくなった社会で、今ある価値にどう新しい価値をつけるか、
真剣に、それでいてちょっとユーモアを添えて考えてみてはいかがでしょうか。
 

「たぶんひんやりマスク」

 

現在は白無地のみですが、今後随時オリジナルマスクもご紹介していきますのでお見逃しなく!
オンラインショップサイトはこちらから>>>>
 

【郵送の場合】

前金払いで、入金確認後発送させていただきます。

【近隣にお住まいの方】

本社のショールームにお越し下さいませ。
代金引換えで商品をお買い上いただけます。