2019年 3月 の投稿一覧

サッカーの背番号14が人気の理由と、有名選手について解説

「背番号14」は一見何の特徴もない番号に見えますが、実はサッカーにおいては人気のある背番号のひとつなんです。
そこで今回はサッカーにおける背番14が人気の理由や、有名選手についてご紹介していきます。
サッカーのユニフォーム番号に迷っている方や、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。
背番14が人気な理由
背番号14が人気な理由は、オランダのスーパースターであるヨハン・クライフという人物の背番号であるという点が挙げられます。
ヨハン・クライフは選手時代に背番号14を付け、オランダ代表としてワールドカップ準優勝に貢献したり、ヨーロッパの年間最優秀選手を意味するバロンドールを3回受賞したりなど、華々しい経歴を残しています。
そして選手としてだけでなく、指導者としても非常に尊敬されており、今のサッカーを作り上げたのはヨハン・クライフであると言われる程の人物なのです。
そんな伝説ともいえる人物が当時ほとんど注目されていなかった背番号14を付けていたことから、背番号14に特別な意味が生まれ、人気になったということです。
□背番号14の有名選手
ここではヨハン・クライフ以外の有名選手をご紹介していきます。
 

*ルカ・モドリッチ

2018年のワールドカップにおいてクロアチア代表を準優勝に導き、クロアチア初のバロンドールを受賞した選手です。
フィールド内を幅広く動き回り、攻撃と守備どちらにも貢献した、まさにオールラウンドプレーヤーであると言えます。
*シャビ・アロンソ
現在は指導者となっていますが、元スペイン代表で非常に有名な選手です。
高い守備力を持ち、視野の広いミッドフィルダーとしてワールドカップ優勝にも貢献しています。
 

*中村憲剛

日本人選手の中にも背番号14を付けている選手はもちろんいますが、川崎フロンターレで長い間活躍している中村憲剛選手もその一人です。
多彩なパスを使って前線にボールを供給し、2010年のワールドカップでも背番号14を背負って活躍しました。
□まとめ
今回はサッカーにおける背番号14が人気の理由や、有名選手についてご紹介してきました。
背番号14が人気の理由はオランダのスーパースターであるヨハン・クライフにあり、現在も様々な有名選手が14番を背負っているということでしたね。
ユニフォームの番号を何番にするか迷っているという方は、14番にしてみるのもいいかもしれません。
また、オリジナルユニフォームの作成を当社は承っております。
興味がある方は是非作ってみてはいかがでしょうか。

サッカーの有名選手の背番号の数字はいったい何?

オリジナルフットサルユニフォーム

皆さんはサッカーのユニフォームを着るとき、何番の背番号を付けたいですか?
やはり有名な選手が付けていた背番号には憧れますよね。
そこで今回は特に有名な選手の背番号についてご紹介していきます。
ユニフォームを着る際に何番の背番号を付けるか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
□リオネル・メッシ
まず始めにご紹介するのが、アルゼンチン代表やクラブチームであるFCバルセロナをけん引し続け、誰もが認める不動のエースであるリオネル・メッシ選手です。
ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドールを何度も受賞し、サッカーをやったことがある誰しもが憧れるほどの選手です。
低身長ながら瞬発力や卓越したボールコントロールで相手を抜き去ることができ、シュートセンスも抜群ですよね。
そんなメッシ選手の背番号はエースナンバーである10番です。
□クリスティアーノ・ロナウド
ポルトガル代表ではキャプテンを務め、クラブチームでも最も重要なミッドフィルダーの一人とされています。
もちろん数々の受賞歴がある選手です。
多彩なテクニック、スピードで相手を抜き去りサイドを突破して質の高いクロスを提供することに定評があり、また得点力も非常に高いことが特徴です。
プレーもさることながら、鍛え上げられた全身の肉体美はたびたび話題にもなりますね。
そんなロナウド選手の背番号は7番です。
□ヨハン・クライフ
オランダ代表としてワールドカップ準優勝に貢献したり、バロンドールを3回受賞したりなど華々しい経歴を残しています。
そして選手としてだけでなく、指導者としても様々な人から尊敬されており、今のサッカーを作り上げたのはヨハン・クライフであると言われる程の人物です。
そんな伝説ともいえる人物ですが、当時ほとんど注目されていなかった背番号14を付けており、今も背番号14は人気の背番号となっています。
□アンドレス・イニエスタ
スペイン代表として、そしてFCバルセロナに欠かせない中盤の選手としてチームに貢献し続けてきた選手です。
まるで魔法使いのような創造性豊かなパスを出し、また状況判断にも非常に優れています。
2018年にヴィッセル神戸に移籍したことが話題になり、サッカーを知らない多くの人にも名前が知られるようになりました。
現在ヴィッセル神戸では背番号8を背負っています。
□まとめ
今回は特に有名な選手の背番号についてご紹介してきました。
皆さんも知っている選手が多かったのではないでしょうか。
ユニフォームの番号を何番にするか迷っているという方は、ぜひ有名人選手の背番号を使ったオリジナルユニフォームを作ってみてはいかがでしょうか。
 

サッカーの背番号8が人気の理由と有名選手について紹介

オリジナルユニフォーム背番号8

サッカーの背番号と言えば、エースナンバーである10番を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は8番も意外と人気がある背番号のひとつなんです。
そこで今回はサッカーにおける背番号8の意味や、その有名選手についてご紹介していきます。
サッカーのユニフォーム番号に迷っている方や、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

□背番号8の意味

サッカーにおいて背番号8は、一概には言えませんが攻撃的なミッドフィルダーを意味します。
エースナンバーである番ほど目立つわけではありませんが、確実に仕事をこなし、前線へのパスで攻撃の起点を作ったり、自らボールを持ち込んでシュートを打ったりなど、攻撃の要とも言える役割を果たします。
また、攻撃だけでなく守備にも貢献するため、チームにとって欠かせないポジションといえます。
 

□背番号8の有名選手

 

*アンドレス・イニエスタ

スペイン代表として、そしてFCバルセロナの重要な選手としてチームに貢献し続けてきた選手です。
創造性豊かなパスを出し、状況判断にも非常に優れている選手として知られています。
2018年にヴィッセル神戸に移籍したことが話題になったため、多くの人が知っているのではないでしょうか。
ヴィッセル神戸で背番号8を背負って試合に出場しています。

*乾貴士

2018年のワールドカップにおけるベルギー戦において、素晴らしい無回転シュートを決めて世界から注目を浴びた日本屈指のドリブラーです。
代表では14番を背負っていますが、現在のクラブチームであるベティスに所属してからは8番を背負っています。

*フランク・ランパード

イングランド代表を語る際、決して忘れてはいけない選手の一人で、現在は監督としても活躍しています。
また、同時期にイングランド代表で活躍していたスティーブン・ランパードもクラブチームで背番号8を背負っていました。

*澤穂希

2011年の女子ワールドカップにおいて日本を始めて優勝に導き、アジア人史上初となるFIFA最優秀選手を受賞したこともある澤穂希選手も、自身のクラブチームで8番をつけていました。

□まとめ

今回はサッカーにおける背番号8の意味や、有名選手についてご紹介してきました。
背番号8の意味は攻撃的なミッドフィルダーで、現在も様々な有名選手が8番を背負っているということでしたね。
ユニフォームの番号を何番にするか迷っているという方は、ぜひ8番のオリジナルユニフォームを作ってみてはいかがでしょうか。

サッカーのユニフォームを作る際に守るべき規定とは?

絆工房ユニフォームの規定

サッカーのユニフォームに規定があるのをご存知ですか?
この規定を守らずにユニフォームを作ってしまうと、それを着ても公式戦に出ることができないということも起こり得ます。
せっかく作ったのに試合でそれを着られなかったら残念ですよね。
 
日本代表や、海外チームのサッカー、フットサルのユニフォームのかっこいいデザインを見ていると、サッカーフットサルファンならずとも「僕たちのチームもあんなかっこいいデザインのユニフォームを作ってプレーしてみたいな」と思う気持ちが湧いてきます。
「でも、好きなところにチームロゴや背番号を入れてもいいのかな?」とも思いますね。
今回は、サッカー・フットサルユニフォームを作成する上で、公益財団法人日本サッカー協会が定めるユニフォームの規定について(一部抜粋)をご紹介します。
オリジナルユニフォームを作ろうと考えている監督さんはぜひ参考にしてみてください。


□規定の適用範囲
仲間内での遊びで楽しくサッカーをする際にはどのようなユニフォームを着ても問題ありません。
しかしJFAや各都道府県のサッカー協会が管轄している公式戦に出るとなるとユニフォームの規定を守らなければ、それを着て試合に出場することが認められません。
□ユニフォーム規定
ここでは紹介できる範囲でユニフォーム規定の一部をご紹介していきます。
 

*色について

シャツの色は、通常審判が着用する黒色としっかりと判別できる色にしなければなりません。
審判が黒色の服を着ているのに、選手も黒色のユニフォームを着ていたら、プレーする側も見ている側も混乱してしまいますよね。
また、シャツの前と後ろの主な色は同じにする必要があり、ショーツやソックスもその色にしなければなりません。
そして公式戦においては会場に正・副二組のユニフォームを持参する必要があります。
これは相手チームと色がかぶってしまった場合に、どちらかがもう一つのユニフォームを着用することによって判別しやすくするためです。
*背番号について
背番号はシャツの前と後ろに必ず表示しなければならず、服地としっかりと区別できる色で、サイズも判別しやすいものにする必要があります。
また、番号は整数で1~99までを使用し、0は認められません。
チームの人数が100人以上いる場合は100以上の背番号が認められます。
他にもユニフォームのサイズや表示するもののサイズなど、様々な細かい規定がありますので
チェックしてみてください。
 

 
□まとめ
今回はユニフォーム規定についてご紹介してきました。
公式戦においてはユニフォーム規定に沿ったものを着用しなければ、どんなユニフォームであっても試合に出ることができなくなってしまうということでしたね。
また、ユニフォームの色や背番号、サイズなど様々なことが細かく定められています。
皆さんもユニフォーム規定をしっかりと守った、世界に一つだけのオリジナルユニフォームを作成してみてはいかがでしょうか。
 
さらなる詳細を知りたい方はこちらの記事もお読み下さい。

著作権画像

ご注意下さい!著作権は、著作物を制作した人にあります!


 

フットサルのポジション名と役割について紹介します!

絆工房オリジナルユニフォーム

フットサルはだれでも気軽に楽しめて、しかも奥深いスポーツであることからハマってしまう人が数多くいます。
しかし、そのポジション名やその役割について詳しく知っている人は多くないのではないでしょうか。
そこで今回は、フットサルにおけるポジション名やその役割をご紹介していきます。
フットサルについて知りたいという方や、これから始めてみたいという方はぜひ参考にしてみてください。
 

□ポジションについて

フットサルは5人対5人で試合を行います。
サッカーは11人対11人で交代人数に制限がありますが、フットサルの場合は際限なく交代ができます。
ゴールキーパーの役割を果たす「ゴレイロ」、守備的な「フィクソ」、中盤の「アラ」、攻撃の中心となる「ピヴォ」と呼ばれるポジションがあり、これらが綿密に連携することによって体系的に攻撃や守備を行います。
これらの名前はフットサルをやっていない方にはあまり馴染みが無い言葉ですが、語源はポルトガル語となっています。
*ゴレイロ
ゴレイロの最も重要な役割は自陣のゴールを死守することです。
ペナルティエリア内であれば5人の中で唯一手を使うことができる選手です。
このゴレイロはもちろんシュートを止めることが最も重要ですが、攻撃においても重要なカギを握っています。
正確なスローイングや、時には相手のエリア内に入り込むパワープレイを行い攻撃に参加するなど、様々な役割が求められます。
*フィクソ
フィクソの役割は守備の要かつ攻撃の起点です。
守備の際は指揮を取り、攻撃の芽を摘む高い守備力が必要とされます。
攻撃の際は後ろから前線にボールを配給し攻撃の起点となります。
視野が広くフィールドの状況が良く見えるため、チームメイトへの指示や声掛けなどの能力も求められます。
*アラ
アラはフィクソとピヴォの間に位置し、攻撃と守備においてどちらも積極的に絡み、コート内を走り回るポジションです。
ドリブルからのパスでピヴォにボールを供給したり、守備に奔走したりなど様々な役割が求められます。

*ピヴォ

ピヴォは最前線に位置し、ボール持ってシュートを狙う攻撃の要であるポジションです。
もちろん点を取る能力は求められますが、フットサルは攻撃と守備を全員で行うので前線から守備を行う必要もあります。
□まとめ
今回はフットサルのポジション名とその役割についてご紹介してきました。
フットサルをやる際は、ただゴールを目指すだけでなくポジションごとの役割を意識することによってより戦略的に楽しむことができます。
これからフットサルをしようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

【絆のカタチ】No50 エンドー鞄株式会社代表取締役社長 遠藤玄一郎 様

絆工房取材エンドー鞄1

豊岡市と言えば、国の特別天然記念物であるコウノトリの街、そして鞄 の街として知られています。
日本一の鞄生産量を誇る街、この街にエン ドー鞄株式会社はあります。柳行李(やなぎごおり)発祥の地、豊岡で 最も古いメーカーであり、鞄産業の歴史を振り返ると、日本一古い鞄メ ーカーであると言えます。
エンドー鞄は今から194年 前の文政7年(西暦1825)創業した鞄メーカー。2つの世界大戦、世界 恐慌、オイルショック、そして平成の数々の自然災害など、時代の荒波 を乗り越えて今なお存続する会社。
そこには継続していく上での大切な 何かがあるはず、ということで今回はそのあたりも含めて8代目代表取 締役社長である遠藤玄一郎さんに話を伺いました。
 


 
 

■ 「鞄は道具!かっこよさよりも機能性のある鞄づくりを」

 
エンドー鞄は、女性が好むような甘いテイストのカラーはほぼなく、黒、グレーといった、どちらかというとマニッシュな雰囲気が特徴。
ー遠藤さん 「昔は、レディースも取り扱っていました。でもある日「なんでも出来ますよ。」とお客様に言うと、「なんでも出来るということは、何の特徴もないんですね。」と言われたんです。そこで、男性用のビジネスバックに特化した商品を作ることに決めたんです。」
−笠原 「一点突破全面展開ですね。 順調に来られたんでしょうか?。」
-遠藤さん 「そんなことはありません。大学卒業して入社早々に取引会社2社が倒産しその煽りを受けました。修業のために大阪営業所にいたのですが、すぐに本社に呼び戻されました。会社が経営難に陥ったことはすぐに噂が広がるものです。人の不幸は蜜の味でね(笑)。家のお風呂が壊れてしばらく銭湯に通っていたら「遠藤さんのところは家を売ったらしい」と噂がたったり、父と道で立ち話をしていると、「あれ夜逃げしたんじゃなかったの?」と言われたり、、、、。何とかしなければという思いから、親父や先輩達にああしよう、こうしようと提案しました。親父が「右だ!」と言ったので「いや左だ!」と反対しました。でも、従業員は親父の方についていくわけですよ。え〜右なの?って(笑)。難しかったです。あまりに私が吠えるので、「それじゃあ、お前がやってみろ」って親父に言われまして、30歳の時に専務に就任しました。」
 
絆工房取材エンドー鞄1
 
– 笠原 「(就任されてみて)どうでしたか?」
-遠藤さん 「起死回生を図ろうと睡眠時間3時間で働きました。それまでの付き合いは全て断ってひたすら働きました。でも、ある時、寝る時間以外の16時間働いても人の2倍しか出来ないことに気づいたんです。それに気づいてからは、他の人にどんどん仕事を振っていきました。」
– 笠原 「鞄作りでご苦労されたことはありますか?」
-遠藤さん 「人に伝えることが難しかったですね。例えば、ロフトやハンズの旅行かばん売り場では、軽さや静かさを謳っている鞄は山ほどあります。たとえ重たくても、です(笑)。どんなに音が静かな旅行用キャリーケースです!って言っても理解してもらえませんでした。そこで騒音体験ボードを売り場に置こうとしたんですが、今度は売り場からそんなもの置けないと言われました。そんな中、名古屋ハンズだけが目をつけてくれ、売り場でお客様に体験してもらったところ瞬く間に売れたんです。そのことがきっかけでロフト店はもとより、小売店でも取り扱ってもらえるようになりました。鞄に限らず、モノは簡単には売れません。どうやって伝えていくかが大事です。」
旅行は早朝や晩に空港へ出発することが多いことをヒントにご近所の迷惑にならない世界一音が静かな旅行用キャリーケースが誕生しました。
-笠原 「旅行用キャリーケースはうるさい、という概念を払拭したわけですね。」
-遠藤さん 「人の困りごとを解決するソリューションに力を入れています。僕は若い頃ファッションに無頓着な方でしたが、当時の鞄には内側に収納ポケットがなく、入れたものが中でぐちゃぐちゃになるんですね。それが嫌で、鞄の内側に収納ポケットを付けてくれるように職人に頼むと「そんな手間がかかるものは作れない。」って言われました。それでも、とりあえず試作品だけでも、と無理を言って作ってもらったところ大ヒットしたんです。」
エンドー鞄のブランド商品の1つ『プログレス』が誕生した瞬間です。
-笠原 「どんな時に商品開発のアイデアが浮かぶのですか?」
-遠藤さん 「四六時中常に考えています。特に旅行や出張にいった時に人の持っている鞄をチェックしますね。」
 
絆工房取材エンドー鞄1
 
伝統を守りながらも変化に対応していかないと生き延びることは出来ない、だから朝令暮改OK!と言い切る遠藤さん。
今ある伝統も、誕生した当初は、前例がないもの。柳行李からファイバー素材の鞄、そして歴史を重ねていくごとに生まれ変わっていくエンドー鞄。鞄の伝統と進化のリテラシーが柳の細工のようにしなやかに織り重なっていきます。 現在65歳になった遠藤さん。
今後の会社経営、そして絆について伺いました。
-遠藤さん 「ルールづくりですね。時代に合ったルールを作っていきたいです。今後も変化に対応して生き延びていく会社を目指したいと思います。以前は、創業から194年もの長きにわたって会社が存続していることに重きを見いだしてはいませんでしたが、でもこれはある意味すごいことなんじゃないかと思えるようになりました。続けてこられたのも先輩との絆、従業員との絆があったからだと思います。縁を大切にしていきたいと思います。社員を大切にする会社、社員の雇用を守る為にもこれからもしっかり儲けることが大事だと思っています。それが私の使命です。」
– 笠原 「儲けることは手段であって、社員を守ることが使命だということですね。またさらに伝統も、ただ守るものではなく、革新していくもの。それを人の絆で未来に繋げていく。そう強く感じるお話でした。有難うございました。」
 
世界の創業100年以上の老舗会社の半分以上は日本企業というまさに世界一の老舗大国。その老舗がひしめく国、日本で生き残っていくには、何を守り、何を大切するのかを学べた取材となりました。
 
絆工房取材エンドー鞄1
 
絆工房取材エンドー鞄1

エンドー鞄株式会社

〒668-0026

兵庫県豊岡市元町10−2

電話:0796-22-7156

FAX:0796-24-1296

 
 

【関連記事】

経営者の仕事の流儀(第11回)
「組織の生産性をあげるもの (Part1)」

経営者の仕事の流儀(第11回)組織の生産性をあげるもの part1

絆工房笠原泰藏

絆工房笠原泰藏
 
働き方改革が2016年にスタート。
一億総活躍社会実現に向け企業も 組織改革が問われています。
働くことの本来の目的とは 何か。3回に亘りインタビュー取材でご紹介。
 


『楽しく仕事をする』という理念を掲げている絆工房。
時にやれと言われたから嫌々やったり、楽しく感じる事が出来ない場合、それをどう楽しい仕事に変えていったらいいか?
 

■思考の停止が成長を阻む

 
ー笠原 「楽しいか楽しくないかを決めるのは、結局、好きか好きじゃないかという感覚で決定づけられます。」

ー自分が好きかどうかをどうしたら分かるのか?

「まずはやってみること。好きかどうかは体験でしか分かりません。人は感情によってのみ行動します。体験を通してはじめて感情は得られるものです。ですから、とりあえずは体験してみることです。そうは言っても、いくら親や大人が「これが将来あなたの成長になるから」と勧めてもなかなか動こうとしない。正しい事だと解っていても通じない。それらは小さな親切大きなお世話と思われてるのがおち 。」

ー子供を思う親の気持ちが受け入れられない原因とは?

ー笠原 「一言で言うと考えるのが面倒だし、無関心の方が楽だから。人はややもすると、正しい生き方よりも、楽な生き方を好む傾向があります。外発的動機で人の行動は変えるのは困難です。」

ーそれは、人間が習慣の生き物(※)だから?

ー笠原 「例えば、法律や常識というのは、国が違うと異なります。歴史の中の慣例やしきたりも時を経ると、真逆になったりしますよね。昔の伝統や行事が今のライフスタイルの変化に合わなくなってくる場合もあります。その時に、「常識だから」「昔からやっているから」という理由だけで踏襲し続けるのはどうでしょうか。本当に今必要なものなのかを改めて考えようとせず、盲目的、惰性で行うのはとても危険です。時代に応じてカタチを変えながら継承してくのが伝統。「昔からやっているから」というのはあまりに軽率だと思います。」

ー習慣化した行いをどうやって在るべきカタチに代えて
それを自分の「好き」に変えていけるのか?

 


ー笠原「常に目の前の事象が本当に今相応しい事なのか、必要なことなのかを思考すること。無意識のうちにやっていること、習慣化していることが実は自分の成長を阻害しているかも知れない、と振り返って考える事が必要です。習慣が人生を形作っています。先程述べたように、人は外発的動機ではなかなか動きません。人間には、外発的動機と、自ら進んで行う内発的動機のどちらかで行動します。嫌々行っても成長の喜びも達成感もありません。この内発的動機に基づいて働くことが今、企業に求められる組織改革です。そしてその環境づくりを整えていくのが僕の仕事だと思っています。権限を分散して、それぞれが自分の思考で考え行動できる細胞的組織を目指したいと思っています。」
 

■内発的動機を生み出す原点経営

 

ー具体的に細胞的組織とは?

ー笠原 「原点経営です。自分の内から仕事がしたくてしようがないような組織、ゲームのように楽しく仕事をするゲーミィフィケーション組織、つまりティール組織経営です。そこには上司からの命令を待つまでもなく自分達で物事を話し合って判断していきます。」

ー今、見えている事象が本当に必要なことなのか、何故それが今すべきことなのか思考をする、原点に返る組織ですか?

 
ー笠原「ただし、見ているものと見えているものは違います。これは次回話したいと思います。」
 
(※1)人間は理性の生き物でもなければ、本能の生き物でもない。
人間は習慣の生き物である。(ジョン・デューイ)
 

サッカーの足技テクニックについてお話しします!

 
プロのサッカーの試合を見ていると多彩な足技テクニックに魅了されますよね。
あのような足技テクニックができるようになると、自分がサッカーをする時に仲間から一目置かれる存在になれるかもしれません。
そこで今回はサッカーの足技テクニックをいくつかご紹介していきます。
どのような足技テクニックがあるのか気になる方はぜひ参考にしてみてください。
 


□キックフェイント

ペナルティエリア付近でシュートを打つふりをして、ドリブルを切り込んだり間をずらして前にいるディフェンダーをかわす技です。
実際のサッカーの試合でも頻繁にみられるテクニックですね。
思い切りシュートを撃とうとすると、どうしても相手はジャンプをしたり背中を向けてしまうため、そのすきを突くことによってシュートを撃ちやすくなります。
特にゴール前で、大きな動きでやることによってより効果を発揮します。
 
 

□ヒールリフト

両足を使って後ろからボールを巻き上げて相手を抜く技です。
Jリーグで見かけることはあまり多くないですが、ネイマール選手がよくこのヒールリフトを仕掛けています。
これをやられると相手一瞬ボールがどこに行ったのか分からなくなり、うまく決まれば簡単に抜き去ることができます。
その上見た目もトリッキーで、サッカーをやったことがある人は誰しもが挑戦したことがあるといっても過言ではありません。
 
□エラシコ
足のアウトサイドでボールを外に押し出して、その後すぐにインサイドで内側に切り返す技です。
ロナウジーニョ選手が得意としていた技で、うまくできると、まるでボールが足にくっついているように見える程になります。
□裏街道
ディフェンスと1対1になった際に、相手よりも前にボールを蹴ってそのボールに追いつくことで相手を抜き去る技です。
意外と簡単そうに聞こえますが、蹴るタイミングや強さが重要になってきます。
ボールを前に蹴りだした後に相手を置き去りにして、相手よりも早くボールに追いつく必要があるので、特に足の速い選手に向いている技です。

□まとめ

今回はサッカーの足技テクニックについていくつかご紹介してきました。
キックフェイントやヒールリフト、エラシコ、裏街道など様々なテクニックがありましたね。
華麗な足技テクニックはもちろん見ているだけでも楽しいですが、やはり実際に相手を抜き去ることができればとても気持ち良いものです。
皆さんも気になったものがあればぜひ練習してみてはいかがでしょうか。

意外と知らない?サッカーとフットサルのボールの違いをご紹介

フットサルボール

最近ではサッカーだけではなくてフットサルの人気も高まってきています。
小さな子供から、大学生のサークルや会社でフットサルをする、という方までたくさんの方がフットサルをプレーするようになってきました。
そうなってくると気になるのがサッカーとフットサルの違いですよね。
フットサルは人数が5人、コートが小さい、なんとなくオシャレといったイメージをもっている方が多いと思いますが、実はサッカーとフットサルには大きな違いがあるのです。
それがボールの違いです。
それぞれ特徴が違うので、その違いをつかんだうえでプレーすることが重要になってきます。
そこで今回はサッカーボールとフットサルボールの違いについてご紹介します。

□サッカーボールとフットサルボールの違い

*サイズ

サッカーは小学生までは4号球という、中学生以上が使用する5号球よりもひとまわりほど小さいサイズのボールを使用します。
フットサルボールは実はこのサッカーの4号球と同じサイズのボールを使用するのです。
そのため大人のサッカーを見慣れてしまった人には最初は少し小さく感じるかもしれません。
しかし、練習すればすぐに慣れることができますよ。

*重さ

サッカーボールの5号球の重さは430グラムほどです。
対して、フットサルボールはサイズが小さいにもかかわらず430グラムほどあります。
サッカーボールと同じくらい重いなんて驚きですね。
実はこの重さこそがフットサルボール最大の特徴である、弾まないことの要因です。
フットサルはサッカーとは違い狭い体育館などで行われるので、ボールが軽かったり、弾みやすかったりするとボールがすぐに場外にとんでいきまともな試合になりません。
そのため公式のルールで「ボールを2メートルの高さから落とした時に、最初のバウンドが50センチ以上65センチ以下で跳ね返ること」と定めているのです。
この重さは初心者には嬉しい特徴となっています。
ボールが重いためトラップの際にボールが弾まないのです。
また、よく見るバウンドを見誤って空振りしてしまうといった失敗も起こりづらくなります。
サッカー、フットサルの基本と言われるトラップがうまくいくとどんどん楽しくなり、上達も早くなりますよ。
 

□最後に

今回はサッカーとフットサルのボールの違いについてご紹介しました。
それぞれの競技の特徴に合わせてボールは作られています。
サッカーボールにもサッカーボールの良さがキチンとあります。
どちらの競技も似ているようで違った特徴があるので、興味がある方はぜひ両方共にチャレンジしてみてくださいね。

意外と知らない?サッカーの背番号7に込められた意味とは?

オリジナルフットサルユニフォーム 背番号7

最近ではサッカーやフットサルのチームを自分たちでつくって、練習や大会に出場するのが人気になっています。
子供から、大学のサークル活動や、会社帰りの社会人など様々な方がサッカーやフットサルを楽しんでいます。
自分たちでチームをつくるとなると、作っておきたいのがユニフォームですよね。
チーム全員でオリジナルのユニフォームを着ると一体感が生まれます。
形やデザインにこだわるのも面白そうです。
ユニフォームを着るときには背番号にこだわる方も多いと思いますが、その背番号がもつ意味について知っていますか?
実はそれぞれの背番号にはポジションやプレーのイメージがあるのです。
今回はそんな背番号の中から7番についてご紹介します。

□背番号7ってどんなイメージ?

もともとサッカーの背番号はポジションごとに割り振られていました。
その名残で7番は攻撃的なミッドフィルダーがつけることが多い番号となっています。
またテクニックに自信があり、ゲームの組み立て、華麗なドリブルやパスなどとにかくうまい選手がつけているイメージがあると思います。

□背番号7の有名選手

自分の背番号を決めるときには、好きな選手と同じ番号を選ぶといった方もたくさんいます。
そこで今回は7番をつけているスーパースターについてご紹介します。

*クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

もはやサッカー関係なく有名人ですね。
日本にもファンの方はたくさんいらっしゃると思います。
圧倒的な得点力で世界最高のサッカー選手を決めるバロンドールを過去5回も受賞し、メッシと比べられながら様々なタイトルを獲得してきました。
2018年には9年間過ごしたレアルマドリードを離れユベントスに移籍し、活躍中です。
CR7というブランドも展開するほど7番にこだわりがあるようですね。
 

*キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

2018年のワールドカップでフランス代表を優勝に導いた若手のスーパースターです。
フランス代表では10番を背負っていますが、クラブのパリ・サンジェルマンでは7番を背負っています。
とにかく足が速くどんなディフェンダーも置き去りにします。
また、速さだけではなく一瞬の技術やシュートも特徴で、大事な場面で得点を奪ってくれます。
 

*遠藤保仁(ガンバ大阪)

かつての日本代表で7番を背負ってプレーした日本が誇るゲームメイカーです。
様々なパスを駆使してゲームをコントロールしました。
また、フリーキックやPKも得意であり大事な場面で得点を奪ってきています。
落ち着いた正確でチームの攻撃と守備をつないできた、この日本代表の7番の後継者がだれになるのか楽しみですね!
 

□最後に

今回は背番号7番についてご紹介しました。
7番はチームのキープレイヤーが背負うことの多い番号のようですね。
ぜひ、背番号選びの参考にしてくださいね!