2018年 11月 の投稿一覧

フットサルとサッカーは似ているようで違う?違いについて解説!

サッカーは4年に一度開催されるワールドカップが世界的に有名で、開催時期は世界中が熱気に包まれます。
実は、フットサルおいても4年に一度ワールドカップが開催されているのです。
2012年大会では日本がベスト16まで進出するという大躍進を遂げました。
現在、愛知県が2020年大会のワールドカップの誘致に積極的に乗り出しています。
しかし、フットサルとサッカーの違いがわからないという方が多くいらっしゃると思います。
そこで、サッカーとフットサルの違いについて解説します。

□ピッチの違い

フットサルのピッチはサッカーと比べるととても小さいです。
サッカーの場合、最低でも横:45m、縦90mの大きさのピッチが必要です。
ですが、フットサルは体育館一つで収まるほどの小さなピッチで十分なのです。
また、ピッチの材質にも違いがあります。
サッカーは天然芝、人工芝、砂のいずれかのピッチで競技を行います。
フットサルはサッカーとは違い、滑らかで摩擦の無い平坦なピッチで競技を行います。

□競技人数

ピッチの大きさが違うサッカーとフットサルは、競技人数も大きく異なります。
サッカーはフィールドプレイヤー10人+ゴールキーパー1人、フットサルはフィールドプレイヤー4人+ゴールキーパー1人です。
どちらのスポーツも、競技中に警告が出されたり、怪我をしたりすることであえなく選手が退場することがあります。
競技人数が減ってしまい、規定された競技人数で試合ができない場合もあります。
そういった場合のためにサッカーは7人、フットサルは3人以上と、最低競技人数が決められています。

□フットサルはオフサイドが無い

オフサイドはサッカーにおいて規定されているルールです。
オフサイドは少し仕組みが複雑なのですが、簡単に解説します。

*オフサイド

ゴールキーパーではない相手選手をA選手とします。
A選手は自身のチームの中で一番自身のゴールに近いところにいます。
相手選手(B選手よりも自陣に近いところにいる)はこのA選手よりもゴールに近い場所にいる仲間であるB選手にパスを出すことができないのです。
サッカーで相手のディフェンスの後ろに選手がいないことが多いのはこのオフサイドを避けるためなのです。
フットサルにおいては、このオフサイドのルールがありません。
そのため、フットサルは攻撃の際にコート全面を制限なく使用できるので、戦術の幅がとても広いのです。

□さいごに

サッカーとフットサルの違いについて紹介しました。
他にも細かいルールの違いがあります。
実際にプレーしてみると面白い発見があるかもしれません。

サッカーとフットサルの強豪チームはどこ!?海外と日本の強豪クラブを紹介!

サッカーとフットサルにはそれぞれリーグがあります。
フットサルではスペインリーグが、サッカーではチャンピオンズリーグやプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラなどが世界的に有名です。
日本においても強豪クラブがサッカーのJリーグ、フットサルのFリーグにて活躍しています。
そこで、こういったサッカーやフットサルのリーグに所属する代表的な強豪チームについて紹介します。

□海外サッカーの強豪クラブ

*FCバルセロナ

海外のサッカークラブで有名なチームの一つであるFCバルセロナは、FIFAバロンドールに何度も選出されたリオネル・メッシ選手が在籍しています。
2018ワールドカップでも大活躍した柴崎選手や乾選手がバルセロナからゴールを奪ったことで、一躍話題になりました。

□日本サッカーの強豪クラブ

日本のサッカークラブは欧州のサッカークラブと比べると上位と下位の実力差があまりなく、毎年どのチームが上位にランクインするかが分からないという特徴があります。
過去にはJ2リーグから昇格したチームが翌年にJ1リーグで優勝するということもありました。

*鹿島アントラーズ

日本最高峰のJ1リーグで8度の優勝、3度の準優勝を誇るサッカークラブです。
2018ワールドカップで日本代表として活躍した昌子選手が活躍しており、他にも大迫選手や柴崎選手が在籍経験のある国内屈指の強豪チームです。

*サンフレッチェ広島

J1リーグで優勝数トップタイのサッカークラブです。
Jリーグのベストイレブンなどの個人賞の受賞者を多数輩出しており、鹿島アントラーズと並ぶ国内屈指のサッカーチームです。

□海外フットサルの強豪クラブ

*インテル・モビスター

フットサルのスペインリーグの一部リーグ(プリメーラ・ディビジオン)で13度の優勝経験のある強豪チームです。
スペインリーグは世界最高峰のリーグと言われているので、世界トップクラスのクラブと言っても過言ではありません。
そのユニフォームカラーと見事なプレーから緑の機械(マギナベルデ)との愛称で呼ばれています。

□日本フットサルの強豪クラブ

*名古屋オーシャンズ

日本で数多くのタイトルを取るだけでなく、AFCフットサルクラブ選手権(アジア)で3度もの優勝経験がある、日本で髄一のフットサルクラブです。
また、世界トップクラスのフットサルプレイヤーであるリカルジーニョ選手が在籍していました。
現在、リカルジーニョ選手はインテル・モビスターで3年連続MVPに輝くといった活躍を遂げています。

□さいごに

近年、世界で活躍していたスター選手のJリーグクラブへの移籍や、世界最高峰の選手のFリーグクラブにおける活躍などが見受けられます。
サッカーとフットサルにおいて日本と海外のレベルの差が縮まりつつある証拠とも言えるのではないでしょうか。

フットサルにおけるポジションの役割とは?呼び名や背番号を紹介!

フットサルは5人でプレーするスポーツなので、サッカーと同じようなフォーメーションを採用しません。
ですから、フットサルにはフットサル独自のフォーメーションが存在するのです。
また、サッカーでは守備をすることをディフェンス、攻撃をすることをオフェンスと言います。
フットサルにおいてはその呼び名はあまり使われず、ポジションごとに決まった呼び方が使われます。
そこで、フットサルのポジションについて詳しく解説します。

□フットサルのポジション:ゴレイロ

サッカーではゴールキーパーと呼ばれるポジションを、フットサルではゴレイロと呼びます。
サッカーのゴールキーパーはシュートが打たれてから反応をし、シュートをセーブするのが一般的です。
しかし、フットサルの場合は至近距離からシュートを打たれることが多く、反応をすることが難しいのです。
そのため、相手のシュートが体にあたることも良くあり、勇敢でボールに対して恐れない心構えが必要です。
ですから、フットサルの中では最も重要なポジションであると言えます。

□フットサルのポジション:フィクソ

フィクソは相手の攻撃の芽を摘む役割を持つポジションです。
さらに、攻撃の際はフィクソが起点となってパスを供給します。
サッカーにおけるセンターバックとボランチの役割を担っているため、攻守にわたりとても重要なポジションです。

□フットサルのポジション:アラ

相手に攻め入られている時はフィクソと連携して守備をし、ボールの奪取に成功した際にはピヴォと連携して相手のゴールを脅かします。
ですから、攻守にわたって豊富な運動量が求められるポジションです。

□フットサルのポジション:ピヴォ

攻撃の際の要となるポジションです。
シュートを放ちゴールを奪うことだけがピヴォの役割ではありません。
アラやフィクソから供給されたボールを相手に奪われないようにキープしたり、攻撃の起点となるようなパスを出したりするポストプレーの役割も担っているのです。

□フットサルのポジションにおける背番号

サッカーではディフェンダーのイメージが強い2番や、エースが背負うとされる10番などが有名です。
フットサルでは2番や10番のイメージはあまり強くありません。
その代わりに、1番はゴレイロが、5番はエースやキャプテンがその番号を背負うのです。
フットサルでは背番号が1番から15番までのユニフォームの着用が許されています。
中にはサッカーにおけるエースである10番を好んで着用する選手もいます。

□さいごに

フットサルではそれぞれのポジションが重要な役割を担っており、様々な戦術が繰り広げられます。
そして、5人全員が欠けることなく連携を行い、ゴールを奪うのです。

赤色のユニフォームのサッカーチームはどこがある?それぞれご紹介

赤色は、エネルギーを感じさせるアクティブな色です。
赤色の心理効果として、関心を集めたり、強さや活力を感じ、また相手に感じさせるといった効果があります。
赤色のユニフォームを着用しているサッカーチームはたくさんあります。
現在は青色ですが、かつてはサッカー日本代表も赤色のユニフォームを着ていた時期がありました。
そこで今回は、赤色のユニフォームを着用しているサッカーチームについてご紹介していきます。
 

□マンチェスターユナイテッドFC

マンチェスターユナイテッドFCは、イングランドプロサッカーリーグに加盟し、リーグ制覇を20回果たした、イングランドを代表する名門のクラブです。
マンチェスターユナイテッドFCは、「赤い悪魔」としても親しまれている通り、赤いユニフォームが採用されています。
しかし、かつては黄色や緑色が使われており、赤色がメインのユニフォームとしてのイメージが定着するまでには長い期間がかかりました。
 

□リパブールFC

リバプールFCは、イングランドのリバプールを本拠地とする、プレミアリーグ発足時から加盟するプロのサッカークラブです。
リバプールFCも、「レッズ」の愛称の通り、赤色のユニフォームを着用しています。
マンチェスターユナイテッドFCとはライバル関係であり、2018年の7月に開催されたインターナショナルチャンピオンズカップでは、リバプールが勝利しました。

□ミラン

ミランは、イタリアのミラノを本拠地とする、オタロアプロサッカーリーグに加盟するサッカークラブです。
過去には、本田圭佑選手がミランが背番号10番をつけていました。
ミランのユニフォームは、赤と黒の縦じまが特徴的で、サッカーファンでなくとも見たことがある方も多いのではないでしょうか。
2010年から胸スポンサーはエミレーツ航空で、ユニフォームには「Fly Emirates」と表記されています。
 
 

□まとめ

今回は、赤色のユニフォームを採用しているサッカーチームについてご紹介しました。
ここで紹介したチーム以外にも、赤色のユニフォームを採用しているチームは沢山あります。
それぞれのチームによってデザインが違っているので、気になる方はまた調べてみてくださいね。
みなさんも、ユニフォームを作ってみる際は、赤色を検討してみてはどうでしょうか。
弊社では、プロのデザイナーがみなさんの要望をもとに、理想のユニフォームを表現いたします。

 

ご利用の際は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

日本代表も着ている!青色のユニフォームのサッカーチームをご紹介

日本代表のサッカーチームといえば、なんといってもあの青色のユニフォームですよね。
「他に青色のユニフォームのサッカーチームってあるの?」
そう気になった方はいませんか。
そこで今回は、実際にどんなサッカーチームが、青色のユニフォームを採用しているのかご紹介していきます。

□日本代表

「日本代表のユニフォームって何で青色なの?」
そう気になる方もいると思います。
実は、日本サッカー協会であるJFAも、明確な理由はわからないとしています。
現在はユニフォームの青色は「日本の国土を象徴する海と空の青」を表していると考えられることが多いですが、これは後からできた理由であるため、実際の理由ではありません。
一時期、白色や赤色のユニフォームが採用された時もありましたが、現在は白と、「SAMURAI BLUE」として広く知られている青が使われています。
「SAMURAI BLUE」とは、日本代表がFIFAワールドカップ大会の時にキャッチフレーズとしてつけられた日本代表の愛称のことです。
近年では、「すべての日本人の思いの深さ」や「サッカー日本代表の歴史の重み」という理由からどんどん色が濃くなっていっているとされています。
世間を賑わしたロシアW杯で、日本代表が着ていたユニフォームは、戦国時代でも勝利を表す色として使われていた、日本の伝統色である「勝色」と呼ばれる深く濃い青が使用されていました。

□イタリア代表

イタリア代表も、アッズーリ(青の集団)と呼ばれるように青のユニフォームを着用しています。
なぜ青色になったのかという理由は、イタリアを囲む美しい海や空の青さを表しているという説や、かつてイタリアを作ったサボイア家の紋章の公式カラーからきているという説があります。

□チェルシー

チェルシーはロンドンが本拠地で、設立から100年以上経つ伝統のあるチームです。
チェルシーも「ブルーズ」という愛称の通り、青色がメインのユニフォームが採用されています。
2018-19年のユニフォームは、青がメインで、赤と色の横のラインが入ったデザインが特徴となっています。

□まとめ

今回は、青色のユニフォームを採用しているサッカーチームをいくつかご紹介しました。
いろんなチームが青色のユニフォームを採用していますね。
みなさんも、所属しているチームのユニフォームを作ろうとする時は、青色にしてみてはどうでしょうか。
弊社では、みなさんの要望をしっかりと把握した上で、理想のユニフォームをお作りいたします。
ユニフォームを作ろうと考えている方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。

サッカーのバロンドールって?歴代受賞者もご紹介!

みなさん、バロンドールという言葉を聞いたことはありますか。
バロンドールを聞いたことがある方は多いかもしれませんが、詳しくは知らないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、バロンドールとその受賞者についてご紹介していきます。

□バロンドールとは

*概要

バロンドールとは、サッカー界において、その年の最優秀選手に贈られる称号のことです。
バロンドールとは、フランス語で黄金の球という意味があり、バロンドール受賞者はサッカーボールの形をした黄金のトロフィーを貰うことができます。
かつてバロンドールは、欧州圏内に国籍を持つ選手が対象でしたが、2007年から全世界のサッカー選手が対象となり、対象範囲が大幅に広がりました。
日本人でも、過去に中田英寿、稲本潤一、中村俊輔の3人の選手がノミネートされたことがあり、中田英寿選手は3回もノミネートされたことがあります。
 

*選定基準

バロンドールは、各国の代表チームの監督と主将、かつサッカー記者の合計の約400名の投票によって決められます。
この投票者は、自分が所属している代表チームと同じ国籍の選手は選んではいけないという決まりがあります。
この決まりのもと、その年に活躍したかを基準に、各人が1位だと思うサッカー選手に5ポイント、2位だと思う人に3ポイント、3位だと思う人に1ポイントを入れ、その合計ポイントが高い選手が、バロンドールとして選ばれます。
しかし近年では、個人の活躍より、W杯などの試合における所属しているチームの順位が重要視される傾向があり、これに関しては賛否両論があります。
 

□歴代受賞者

1956年に初めて、元イングランド代表であり、「ドリブルの魔術師」と呼ばれたスタンリー・マシューズが、バロンドールとして選ばれました。
ポジションはフォワードで、背番号は7番でした。
その後も毎年いろんな人がバロンドールとして選ばれていましたが、2008年からはクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのどちらかという状態となっており、二人ともこれまでに最多の5回受賞しています。
ロナウドの背番号は7番で、メッシの背番号は10番となっており、二つとも人気のある背番号です。
 

□まとめ

今回は、バロンドールについてと歴代受賞者をご紹介しました。
今年は、ロナウドとメッシのそれぞれ所属するチームが、W杯において16強で負けてしまっているため、バロンドールは二人以外の可能性も考えられます。