未分類

日本フットサルの発祥、歴史についてご説明します!

2018年のワールドカップはフランスの優勝で終わりました。
西野監督率いる日本代表も見事強豪ひしめくグループリーグを突破し、続いてのベルギー戦でも白熱した試合を繰り広げ日本を大いに盛り上げてくれました。
深夜でもお構いなしにテレビ観戦された方も多いのではないでしょうか?
さて、サッカーがこのように相変わらず人気な一方、皆さんはフットサルという競技をご存じでしょうか?
「あー!室内でやるサッカーね!5人のやつ!」ということまでは知っていても、詳しく知っているという方はあまりいらっしゃらないと思います。
実は、フットサルは子供から社会人まで気軽に楽しめるとして最近人気を高めているのです。
そこで今回は、もっとフットサルについて知ってもらうために今回は日本での発祥と歴史についてご紹介します。

□フットサルのメリット

フットサルの良いところとしては

*人数が少なくても楽しめる

*交代が自由なので体力に自信がなくても大丈夫

*プレーする環境が多い

*シューズやユニフォームがデザイン性の高いものが多い

などが挙げられます。
このような理由から会社にフットサルチームがあることもあります。
今は日本でもフットサルは今の形で広く楽しまれていますが、もともとは少し異なりました。

□日本でのフットサルの発祥と歴史

日本ではまず、1970年代に「ミニサッカー」として親しまれるようになります。
日本にいたブラジル人がミニサッカーの文化を持ち込んだのです。
ミニサッカー選手権や女子による8人制ミニサッカー選手権が開かれるなど盛り上がりました。
近代的なスポーツかと思いきや昔から楽しまれていたのですね。
そして、ついに1977年に日本ミニサッカー連盟が発足しました。
さらに1982年、当時ブラジルで盛んに行われていたサロンフットボール(はねないボールを用いた室内サッカー)の世界大会に日本は参加し、健闘を見せました。
しかし、1994年にFIFA(国際サッカー連盟)によりルールが統一されたフットサルの大会が開かれ、ここで日本代表は全敗という結果に終わってしまいました。
このままではマズイということで日本フットサル連盟に名称を改め、日本でのフットサルのレベルを上げようと大会を開くなど、環境を整えていきます。
そしてついに2007年にFリーグというフットサルのリーグも生まれ、あのキングカズが参戦するなど盛り上がりを見せました。
日本代表も2016年には世界ランキング10位になるなど、今後の活躍にも期待が持てますね。

□まとめ

今回は日本フットサルの歴史についてご紹介しました。
皆さんがもっとフットサルに興味をもっていただいて、その魅力を味わっていただけると嬉しいです。

意外と知らない!フットサルの歴史と起源についてご紹介!

2018年のワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じました。
我らが日本代表も西野監督のもと、見事グループリーグを突破するなど日本を大いに盛り上げてくれました。
皆さんの中には、「観戦して楽しんだ後はテンションが上がり実際にプレーしたい!」と思ったものの「サッカーは外だし、人数が必要だし、難しいかな、」と思ってしまった硬いもいらっしゃるでしょう。
そんな方には、フットサルがおすすめです。
フットサルにはサッカーとはまた違った魅力があります。
そこで今回は、フットサルとはそもそも何なのか、とフットサルの歴史、起源についてご紹介します。

□フットサルってそもそも何?

フットサルは5人制の室内サッカーでオフサイドのルールがないなどサッカーとは異なったルールがあります。
手軽に行えることもありフットサル人気は最近増すばかりです。
小学生から社会人までフットサルを楽しむ人がたくさんいます。
その要因としては、
*1チーム5人という人数で手軽に人が集まる!
*ボールに触る時間が多くて楽しい!
*試合中交代が自由なので体力に自信がなくても大丈夫!
*屋内でプレーする施設がたくさんある!
*ユニフォームやシューズのデザインがかっこいい!
などが挙げられます。
では、続いてフットサルの歴史と起源についてご紹介します。

□フットサルの歴史と起源は?

フットサルの名前はスペイン語でサッカーを意味する「Fut」と、室内を意味する「Sal」が合わさってできました。
フットサルの始まりは次の2つの形がありました。

*「サロンフットボール」

ブラジルなどの南米で行われていたサッカーボールとは違いはねないボールを使用して行う室内サッカーのこと。
*「インドアサッカー」
イギリス、ヨーロッパ、北米で盛んに行われていた。
インドアサッカーの特徴は壁もプレーに関与するということです。跳ね返りを利用するなどまるでアイスホッケーのような側面があります。
このように世界中の各国でルールが異なった状態でフットサルは盛んになってったのです。
そんな中、1988年にFIFA(国際サッカー連盟)がさらなる発展のため5人制サッカーとしてルールを世界で統一し、1994年には競技名を5人制サッカーからフットサルに変更しました。
2000年にはさらにルールを変更し、今の形になっています。

□まとめ

今回は皆さんにフットサルのことをもっと知ってもらうために起源、歴史についてご紹介しました。
サッカー大国スペインではフットサル人口のほうがサッカー人口よりも多いとも言われています。
日本はまだまだそこまでではありませんが、これから手軽に行えるフットサルはますます発展していくでしょう。
皆さんももっとフットサルの魅力を知って楽しんでみてください。

ケガ風邪予防のために!フットサル後の汗冷え対策!

フットサルをお楽しみの皆さん野中には、「プレー中は暑くてたまらなかったのに、しばらくすると汗が冷えてしまって寒さを感じる」といった経験をお持ちではないですか?
汗は体の熱を効率的に冷ますための大切な役割を持っています。
人間が暑い日でも長時間運動を続けられるのはこの汗が体温調節の機能を担ってくれているからです。
このように、大変ありがたい汗ですが運動後に汗冷えをひきおこしてしまう危険性があります。
汗冷えは、ケガや風邪をひいてしまう原因ともなってしまうこともあります。
フットサルをしていたのに、汗冷えが原因でケガや風邪をひいてしまったらせっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。
そこで今回は、フットサルだけでなく運動後の汗冷え対策についてご紹介します。

□着替える

最近フットサルは社会人にまで大人気です。
でも社会人の方が風邪やケガをしてしまったら会社に迷惑をかけることになり、避けたいですよね。
しっかりと汗冷え対策を行いましょう!
まずは、汗でぬれてしまったウェアをそのまま着続けることは体を冷やしてしまうので着替えることが大切です。
スポーツウェアの着替えをもっていくのは確かに面倒かもしれませんが大切なことなのでぜひ準備しましょう。

□インナー、アンダーウェアに気を遣う

最近のインナーには高機能なものが多くあります。
吸汗性に優れていたり、速乾性があったりと、特色があるものがスポーツ店では簡単に購入できます。
さらっとした着心地が続くのも嬉しいポイントです。
デザインも洗練されたかっこよいものがたくさんあるので選ぶ楽しさもありますね。
ここで気をつけなくてはいけないのが普段の寒いときに着用するタイプのウェアです。
汗をかいても吸収してしまい、さらに暑くなりウェア自体も濡れたままの状態が続くので体が冷えてしまいます。
そのため、種類にも気を付けましょう。

□タオルでふく

ウェアを着替えて脱いだ時にきちんと体をふくことが大切です。
せっかく着替えても、体が汗でぬれていると着替えた服まで濡れてしまい冷えにつながります。

□暖かいものを羽織る

着替えた後も運動後は体が火照っていて暑いままだということもあるかもしれません。
汗冷えは気づいたときには体が冷えてしまうものです。
そこまで、意識して汗冷え対策を行いたいものです。

□まとめ

運動後の汗冷え対策についてご紹介しました。
小さいお子様は自分ではきちんと対策ができないことがほとんどだと思います。
そんな時は保護者の皆さんが気を配ってあげてくださいね。
しっかりと対策をしてフットサルを楽しみましょう!

サッカーの頂点!?欧州サッカーの4大リーグの特徴を説明します

欧州のサッカーに興味はありますか?
日本人の方はJリーグなら知っているかもしれませんね。
しかし、欧州の4大リーグについても知っておきたいです。
なぜなら、メッシやクリスティアーノ・ロナウドといったトップレベルの選手が数多く存在していてサッカー好きにはたまらないからです。
今回は4大リーグについてそれぞれの特徴や魅力をご紹介します。

□リーガエスパニョーラ:スペイン

超有名チームであるバルセロナとレアルマドリードがこのリーグに所属します。
バルセロナは圧倒的なブランド力と資金力により世界中から技術のある選手を集めておりメッシ、ネイマール、かつてはロナウジーニョなど天才が集った最強のチームです。
レアルマドリードもモドリッチやクリスティアーノ・ロナウドが在籍していて知っている方は多いでしょう。
攻撃的なプレーや技術のあるプレーをする選手が多い印象です。
また優勝はこの2チームのどちらかになることがほとんどです。
しかしクリスティアーノ・ロナウドが抜け、メッシもいずれは衰えてしまうであろうから、今後もこの2チームが優勝するのか、他のチームが頭角を現すかは注目すべきところです。

□プレミアリーグ:イングランド

強豪チームや中堅クラスのチームが数多く存在し、毎回優勝の予測が難しく、見ている側にとってワクワクするリーグでしょう。
マンチェスターユナイテッド、リヴァプール、チェルシーあたりは聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?。
日本でも知名度は高く有名な選手も揃っています。
日本人の香川真司選手もかつてマンチェスターユナイテッドでプレーしていました。

□ブンデスリーガ:ドイツ

ドイツのブンデスリーガはバイエルンミュンヘンというチームが最近は特に強いことで有名です。
フィジカルの強い選手が多いこと、また多くの日本人サッカー選手が在籍していることが特徴です。
ワールドカップでも活躍した大迫勇也、香川真司、長谷部誠はブンデスリーガでプレーしています。(香川選手はドルトムントからマンチェスターユナイテッドに移籍した後、再びドルトムントに戻りました。)

□セリエA:イタリア

現在はリーガエスパニョーラが最強だとよく言われていますが、かつてはセリエAが世界最強とされていました。
しかし残念ながら、年々人気と強さが低迷しつつあります。
現在ではユべントスの一強とされていますがその他有名なチームはたくさんあります。
日本人なら長友佑都選手がインテルに所属していたことからご存知の方も多いと思います。
セリエAのサッカーは守備に重点が置かれた守りのサッカーが特徴です。

□最後に

以上4大リーグの特徴や有名なチームをご紹介しました。
世界中の上手いサッカープレイヤーが集結したトップクラスのリーグです。
また将来が期待される日本人がどんなプレーを見せるのかも楽しみの1つです。
日本人の方でも熱狂すること間違いなしなので、これを機にぜひ観戦してはいかがでしょうか?

フットサルとサッカーのルールの違いとは?簡単に解説

サッカーとフットサルはボールを蹴ってゴールに入れれば得点になるスポーツ。
では両者の違いって一体何でしょうか?
今回はフットサルとサッカーのルールの違いをわかりやすく解説いたします。

□フットサルとサッカーの違い

*人数

サッカーはゴールキーパーを入れて全員で11人です。
フットサルは5人です。

*ピッチ

まずピッチのサイズですが、サッカーは68メートル×105メートルの面積です。
フットサルは20メートル×40メートルです。
ゴールの大きさもサッカーの方が大きく2.44メートル×7.32メートル。
フットサルは2メートル×3メートルです。
つまりフットサルのゴールは横幅が小さいのが特徴でシュートが入りにくくなっています。
ピッチの材質も異なります。
サッカーは屋外で行われることが多く、グラウンドのような砂や芝生の上でプレーすることが多いです。
対してフットサルは屋内の人工的な材質の床でプレーすることが多いです。

*ポジション

ポジションの名前も違います。
サッカーではGK(ゴールキーパー),MF(ミッドフィルダー),FW(フォワード),DF(ディフェンダー)と分かれます。
フットサルはピヴォ、アラ、フィクソ、ゴレイロに分けれます。
簡単に言うと、ピヴォはFW、アラはMF、フィクソはDF、ゴレイロはGKに対応します。

*試合時間

サッカーは前半後半それぞれ45分。
フットサルは前半後半それぞれ20分です。

*ボールの大きさ

サッカーは5号球、フットサルは4号球のボールを使います。
フットサルの方が少し小さいボールを使用することになります。

*4秒ルール

フットサルには4秒ルールが存在します。
これはキックイン、フリーキック、コーナーキックなどを蹴る際、4秒以上経過してしまうと相手ボールになるルールです。
サッカーには4秒ルールはありません。

*交代

サッカーは1回の試合で3人まで交代可能です。
これに対してフットサルでは交代の自由度が高く最大7人で、交代回数は無制限です。
そのため、同じ選手が何回もピッチに立つということがあります。

*オフサイド

オフサイドはサッカーだけのルールで、フットサルにはありません。

*戦略の違い

サッカーはピッチが広くそれぞれの役割をしっかり果たして連携することが求められます。
フットサルはピッチが狭いので、誰もが得点を入れる可能性があります。
ですから、どんな状況でもゴールを決める柔軟性が必要になります。

□まとめ

主なルールの違いをご紹介しました。
似ているようで実は全然違うスポーツだと思いませんでしたか?
ここに挙げた違い以外にも細かな違いはたくさんあるので興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか?

サッカーとは違う!フットサルのポジションとその役割は?

サッカーと似ているようで異なるフットサルはルールやボールの大きさ、違いはコートの大きさだけではありません。
実はフットサルとサッカーはポジションの名前や役割も異なります。
こちらの記事ではフットサルのポジションについて解説いたします。

□ポジション

フットサルのポジションは大きく分けて4つあり、ゴレイロ、フィクソ、アラ、ピヴォに分かれます。
この4つに分けて解説いたします。

*ゴレイロ

ゴレイロはサッカーでいうゴールキーパーです。
サッカーよりもピッチが狭く、シュートが放たれる回数も多いフットサルにおいてゴレイロは勇敢にボールに立ち向かう力が必要です。
守備から攻撃へ切り替わる時のボールを配球する役割をもつ非常に重要なポジションです。

*フィクソ

フィクソは攻守の要となり、基本的には最後尾に位置し相手の攻撃を防ぎます。
最後尾に位置しているのでピッチ全体を見ることが可能でありチームの司令塔としての役割をこなします。
攻守の要であるので、もちろん守備だけではなく攻撃のパス回しなどの能力も必要となります。

*アラ

「アラ」とはポルトガル語でサイドを表す言葉であり、フットサルにおいてはゲームを動かす中心的な役割をこなします。
フィクソと同様ゲームメイクをするポジションであり攻守両方のバランスを見て動く必要があります。
ピッチの中を上ったり下がったりするのでスタミナも必要とするオールマイティな能力が求められます。

*ピヴォ

ピヴォは主に攻撃を行う選手であり最前列に位置します。
常に相手のディフェンスと競り合うのでフィジカルの強さとボールのキープ力が求められます。
もちろん攻撃の要であるので得点能力にも長けていなければならないポジションです。

□背番号

フットサルにおいても背番号は価値観であり個人の自由です。
しかし「フットサル競技規則の解釈と審判員のためのガイドライン」にはゴレイロの背番号は1番と決められています。
その他の番号については特に規則がないので自由ではありますが、フットサルのキャプテンにおいて多い番号は5番です。
また、エースストライカーに多い番号も5番になっています。
サッカー経験がある方は、サッカーで中心選手がつけることが多い10番のケースが多いです。

□最後に

こちらではフットサルのポジションについて解説いたしました。
サッカーとは異なるポジションの名前と役割を理解していただけましたか?
この知識を活用しぜひフットサルに触れてみてください。

あなたはご存知?フットサルとサッカーの違いについて解説!

最近、街中にフットサル場が増えてきていますよね。
昔サッカーをしていた方がフットサルを始めたなんて話もよく聞きます。
しかしそんなことを聞くと、フットサルはミニサッカーだと勘違いされている方も多いのでは?
実はフットサルとサッカーは大きく異なるスポーツなんです。
この記事では、フットサルとサッカーの違いについて解説いたします。

□ボールが違う

フットサルのボールはサッカーのボールよりも大きさが一回り小さい4号球を使用します。
それに加え、サッカーボールよりも弾みにくいボールが使われます。
実際に蹴り比べてみるとわかると思われますが、想像以上に弾みにくいボールです。
フットサルボールの方がコントロールしやすいという声も多くあります。

□人数・コートの大きさ・時間が違う

プレー人数がフットサルの場合は5人であり、サッカーとは倍以上の差があります。
コートの大きさも異なります。
フットサル場を見たことがある方はお分かりだと思いますが、サッカーコートよりも小さいコートでフットサルは行います。
公式には「40m×20m」の大きさであり、サッカーコートと比べると9分の1の大きさになります。
競技時間も20分の前半後半で行われサッカーよりも短いです。
またボールが外に出た際は競技時間の計測もストップされますのでサッカーのようなロスタイムはありません。

□反則が違う

フットサルでは反則数によってペナルティがある累計方式です。
これはサッカーにはない制度で、チームで6回目のファウルから、相手チームに第二PKが与えられます。
フットサルにはオフサイドがありません。
基本的にはどこにポジションを取っていても大丈夫です。
また、フットサルの方がサッカーと比べて接触プレーに厳しく、スライディングタックルも禁止事項になっています。

□戦術が違う

フットサルでは選手交代が自由です。
審判の判断なく交代が可能な点がサッカーとは異なります。
だからこそ選手交代が激しく行われます。
それに加えコートが小さいのでサッカーのように役割分担ははっきりしておらず、全員が攻撃、守備に参加します。
このような点もサッカーとは異なる点です。

□最後に

こちらの記事では、フットサルとサッカーの違いについて解説いたしました。
フットサルとサッカーは似ているようで全く異なるスポーツだと理解していただけましたか?
フットサルを観戦する際は、このような違いに着目してさらに楽しくフットサルが観戦してみてください。

サッカーチームのオリジナルユニフォームを作成|価格の相場は?

サッカーチームのオリジナルユニフォーム作成をお考えの方は、価格の相場が気になっているのではないでしょうか?
どこの業者でユニフォームを作ろうか迷われた時に一番比較材料にするのは価格だと思われます。
大体の価格の相場を知っておいて損をすることはないでしょう。
この記事では、サッカーチームのオリジナルユニフォームを作成する際の価格の相場について解説いたします。

□作成方法は?

まずはユニフォームを作成する際の作成方法をご紹介いたします。

*デザインパターンから選ぶ

デザインがあらかじめ決められたものの中からいくつかのパターンを選び、ユニフォームを作成する方法です。
襟のタイプや袖のデザイン、裾野デザインなどユニフォームの形をカスタムできます。
さらにユニフォームにチーム名を入れるならば、ロゴのフォントや位置などもあらかじめ決められたデザインの中から選んで作成することができます。
これはユニフォームを作成する上でどの業者さんでも行っている主流な作成方法となります。

*デザイナーと相談する

デザイナーと相談してユニフォームを作成することができます。
自分たちだけのオリジナルデザインのユニフォームを作成したいけどデザインをどう決めたら良いのかわからない方はこの方法をおすすめします。
*自分でデザインする
自分でデザインしたものをユニフォームにプリントすることができます。
全くのオリジナルデザインが製作すれば自分たちだけのオリジナルデザインのユニフォームが完成します。

□相場は?

このようにユニフォームを作成するにも方法がいくつかあります。
これらの方法やデザイン、素材、購入する枚数にもよりますが大体の価格の相場は「1万円前後」となります。

□ご注意

相場が1万円前後だからといって簡単にユニフォームを作成する業者を決めてはいけません。
なぜなら相場の値段を提示しておいてユニフォームの質が良くない場合もあるからです。
どのような素材を使用しているのか、どのようなプリント方法を使用しているのか、ご確認することをおすすめいたします。

□最後に

弊社ではユニフォームを完全自社工場で作成しており他では真似できないスピーディな対応が可能です。
さらに最新の技術である「昇華プリント」を駆使しており、何回洗濯しても剥がれることはなく、圧倒的に高品質なユニフォームやウェアを作成することができます。
高品質なユニフォームを相場の価格で作成したい方、ぜひ弊社までお問い合わせくださいませ。

情熱の赤がユニフォームカラーのサッカーチームはどこがある?

ユニフォームが赤色のサッカーチームはいくつ思い浮かびますか?
「勝負の赤」「燃える赤」「熱い赤」などのように赤色には情熱的なイメージをお持ちの方が多いかと思われます。
赤といえば太陽や火のように活発で、エネルギーを感じる方もいらっしゃると思います。
「勝負パンツ」という言葉があるように勝負の日には赤いパンツを履かれるなんて方多いのでは?
そんな勝負の色、赤色をユニフォームとしているサッカーチームはたくさんあります。
こちらの記事では赤色をユニフォームとしているサッカーチームをご紹介いたします。

□ACミラン

ACミランはその名の通りイタリアのミランをホームタウンとするサッカークラブです。
1899年に創設され名門クラブでありセリエAに所属しています。
赤と黒のストライプが伝統的なユニフォームです。
かつては日本人の本田圭佑選手が所属していたクラブでもあり、知っている方も多いのではないでしょうか。

□マンチェスター・ユナイテッドFC

「マンU」とも略されることが多いマンチェスター・ユナイテッドFCのユニフォームも赤を基調としています。
1878年に創設され、イングランドをホームタウンとしプレミアリーグに所属するプロサッカークラブです。
クラブカラーももちろん赤であり愛称は「赤い悪魔」と言われています。
かつては日本人香川真司選手も所属していました。

□リヴァプールFC

リヴァプールはイングランドをホームタウンとするプレミアリーグに所属するプロサッカークラブです。
クラブカラーももちろん赤であり愛称は「レッズ」と言われています。
創設されたのは1892年であり歴史あるクラブです。
ユニフォームはシンプルな赤であることが特徴的と言えます。

□スペイン代表

スペイン代表チームもユニフォームは赤です。
「血と金の旗」と呼ばれるスペイン国旗のカラーがそのままユニフォームとなっているだけにスペインらしさを感じるユニフォームです。
左肩に入っているエンブレムが特徴的です。

□ポルトガル代表

ポルトガル代表のユニフォームも赤が使用されています。
赤を基調としたシャツに緑のパンツ、赤のソックスの組み合わせが特徴的です。
国旗も赤と緑を基調としており、スペイン代表と同様に国旗のカラーがそのままユニフォームに使用されています。

□最後に

赤をユニフォームに採用しているサッカーチームをご紹介いたしました。
お気に入りの赤いユニフォームのチームを探してみてはいかがでしょうか。

初めてオリジナルユニフォームを作る方|知っておきたい流れ

初めてオリジナルユニフォームを作成するという方はいらっしゃいませんか?
「注文方法は?」「デザインはどう決めるの?」「受け取り方は?」などわからないことも多く不安を抱えているのではないでしょうか。
こちらの記事では一般的にはどのような流れでオリジナルユニフォームを作成するのかについて解説いたします。
ぜひオリジナルユニフォームを作成する際の参考にしてみてください。

□流れ

作成方法もいくつかありますが、ここでは一般的にユニフォームを作成する際に選ばれる方法について解説いたします。

*デザインを選ぶ

あらかじめ決められたデザインの中からユニフォームのデザインを選びます。
その際に袖の形や裾、襟のデザインなども決めることができます。

*お問い合わせと見積もり

デザインが選んだら業者に問い合わせます。
その際に大体の見積もりを取ってもらいます。
この時点で相見積もりを取ることも可能です。

*半金お支払い

見積もりを確認し了承をしたら半金をお支払いします。
この時点で契約はほぼ完了となります。

*提案、お支払い、作成

選択されたデザインのイメージを作成し、提案します。
この案で確認した場合は注文確定となり、残りの支払いを済ませた後、ユニフォームが作成されます。

*お届け

郵便でお届けの場合と店舗へ直接取りに行く場合があります。
複数枚購入した場合は重い荷物になるので郵便が楽ですね。
このような流れでオリジナルユニフォームは作成されることが多いです。
デザインも選定もお問い合わせもネットで行われるのがほとんどであり、難しいことはありません。

□お届けまでの時間

ここで気になるのがお届けまでにかかる時間ですよね。
オリジナルユニフォームを着たい日にちが決まっている場合は、作成までの日数は気にしなくてはならないポイントです。
だいたいどの業者でも注文が確定してから2〜5週間は見ておいたほうが良いと思われます。
メーカーに在庫があるかどうか、どのようなデザインをプリントするのか、購入枚数によってもかなり作成時間は異なります。
最短で作成してもらえるかどうかはわからないので、できるだけ早めに作成をしておきましょう。

□最後に

オリジナルユニフォームを作成する際の流れはご理解していただけましたか?
オリジナルユニフォームを作成するにはいくつかの手順があります。
さらに自分でデザインを持ち込む場合やデザイナーと相談して作成する場合はより多くの手順が必要となります。
時間に余裕を持って作成するようにしましょう。