ブログ

オリジナルTシャツ通信11号

いよいよ来月11月、

親子でオリジナルTシャツ教室が全国7会場でスタートします!


関西では、大阪と兵庫、岡山。

兵庫は、なんと絆工房が会場に!

親子が一緒にオリジナルTシャツを作る、とてもいい思い出づくり、絆づくりになります。

今年の夏休みも、親子で昇華プリントでオリジナルフェイスタオルを作る体験教室を

開催しました。

多くの親子連れが参加され、楽しい時間を過ごしていただき、

沢山のかわいいフェイスタオルが誕生。

思い出に残る夏休みになりました。

今回は、Tシャツ。

また後日HPで当日の様子をご紹介していきたいと思います!

【昇華プリント】昇華プリント生地 vs 漂白剤 〜色白なるか!?〜

昇華プリントインク生地 vs 漂白剤


以前、昇華プリントで旗を製作する案件がありました。

昇華プリントインクジェットで転写紙に画像をミラープリントして生地に200度の熱プレス。

そのデザインが結構白の領域が多く、昇華プリントインクが静電気の加減によるのか

デザインされた以外の白の領域に跳ねた様で、0.5mm直径ぐらいの点が

プリントされてしまいました。

旗の大きさが2000✕1500mmと比較的大きなサイズだったため、

ほんの0.5mmの昇華プリントインクの飛び跳ねの汚れでその旗をおシャカにするわけに行かない!

□ 色白なるか!?

思いついたのが漂白。

さっそく、ハイターの漂白剤を買ってきて原液を慎重にその部分に付けました。

原液なので、多分落ちる、いや絶対落ちるはず!そう思って漂白剤を付けました。

 

IFrame

結果、、、

全くびくともしませんでした。

努力の甲斐もむなしくその大きな旗をおシャカにしました。

残念(>.<) 

昇華プリントインク強し!

漂白剤ですらこうなので、普通の洗濯洗剤では半永久的に昇華プリント生地の

デザインは色落ちはしないことが証明された実験となりました。

ランニングウェア必須アイテムとは

ランニングウェア必須アイテムとは

 


 

19日、大気の汚染が最悪レベルの中で北京マラソンがスタートしました。

日本の環境基準では10倍も高い濃度レベル。

晴れなのに曇っているのが怖い。

マスク姿や中にはエボラ出血熱の医療スタッフが着ている防護服のランナーの姿も。

そこまでして走る理由が理解できませんが、毎年約3万人が参加する人気の北京マラソン。

ランニングウェアを見ると、オレンジが多いですね。理由は分かりませんが、、、。

 

今回は、ランニング初心者さん向けのアイテムを調査してみました。

ランニングでマストアイテムと言えば、もちろんシューズ。

 

 

シニア世代からは

「いやいや、遠い昔には、”裸足のアベベ”がいた!」とか、

最近では、2014年今年の東京マラソンで

十字架を背負う イエス キリストに扮した裸足のランナーも登場しましたが、

基本、ランニングの必須アイテムで一番に考えるのはシューズ。

 

 

□ 初心者が陥るワナ

初心者だから、手持ちのTシャツとシューズでいいや、と思いがちですが、

足を痛める原因になりますので、出来れば、

クッション性が高いランニング用ショーズを用意して下さい。

 

足は、大事。

おじいちゃん、おばあちゃんたちが

「足が痛い」「腰が痛い」と常に会話の中にちりばめられているほど、それほど、足は大事。

 

とりわけ、ランニング中の足には体重の3倍の衝撃が!

 

健康のためにランニングしたものの、逆に足を痛めて辞めた、

ということのないようにまずは、機能性の高いランニングシューズを選んで下さい。

 

ビギナーズの場合は、どうしても見た目が気になりますが、

かっこよければよいほど、上級者向きだそう。

 

ビギナーズは、見た目より、クッション性を重視!

 

 

□ 食べてから走る

健康のために始めたジョギング。

なるべく摂取カロリーを控えてランニングで消費カロリーを増やす!と意気込んで走ると

途中でハンガーノックでフラフラになってしまいます。

 

あるいは、ランニング途中で吸い込まれるようにマクドナルドに。。。。

そして、待っているのが、悪夢のリバウンド。

 

かといってランニングする前に食べすぎるとこれもまた

血液循環が胃腸に集中してしまうらしく、なかなか難しいのですが、

スティックバーやバナナ1本でも軽く食べてからランニングしてみて下さい。

 

□ シューズの下にひっそり隠れた逸品アイテム

 

ランニングアイテムでシューズの次に重要なのは靴下。

 

人気なのが、5本指ソックス

各メーカー、まさに5本の指に入るほどのベストセラー。

 

しかし、ファッション性は限りなくゼロの5本指ソックス。

それでも、ランニングしている時は、シューズがカモフラージュしてくれますし、

脱いだ時に「ぎょ!」とされるけど、ランニングが終わってすぐに脱いでしまえば問題なし。

 

何よりも1本1本の指に力が分散されて踏ん張りが効くというアイテム。

 

□ ランニングウェア

当たり前ですが、夏は吸汗性や速乾性に優れたもの、

冬場は保温機能があるものを選択します。

重ね着ができるようなコーディネートにすれば、

暑くなれば脱ぎ、寒くなれば着る、と温度調節がしやすくなります。

 

昇華プリントで作ったランニングウェアは、インクが生地の呼吸をふさぐことが

ないため、通気性は抜群です。詳しくは→http://www.kizunakobo.jp/page5.html

 

□ 小物アイテム

ランニングウォッチとランニングポーチもあればなおよし。

 

ちょっと家のまわりをランニングという程度であればなくてもいいですが、

長距離をランニングする場合は欲しいアイテム。

ビギナーズはストップウォッチ付きでOK!

 

ポーチの揺れ対策でベストなのはスパイベルト。

一目見ると、ただのタスキというか紐のようですが、

体へのフィット感はポーチに比べて抜群。

 

サングラスもランニングの必須アイテム。

 

偏光サングラスがおすすめ!

道路の照り返しによる目や、全身の疲れを和らげてくれ、

肉眼よりも視界がクリアになるそうです。

もちろん、かけているだけで「速そう」とも思われる、

(もしくは勘違いされる恐れも)欠かせないアイテムの1つです。

 

 

2014/10/20

【昇華プリント】洗濯機にも負けないぞ!昇華プリント生地のすごさを実験中

洗濯に強いオリジナルマラソンTシャツ

洗濯機にも負けないぞ!昇華プリント生地のすごさを実験中


ユニフォーム

洗濯物がよれたり、痛んだりするのは、もちろん着用による擦れなどが原因ですが、

実は、洗濯機によるダメージも大きいことがあるのをご存知ですか?

□ 生地の傷みは長すぎる脱水時間

洗濯物というのは、沢山洗剤をいれたら綺麗になるというものでもなく、

気に入った服ならば何回も着て、何回も洗濯して、次第に色あせてきますね。

そして、全自動洗濯機というのは便利な反面、5〜6分というあの脱水時間の長さも

型崩れや生地をいためる原因となっています。

「昇華プリントで作った生地は色落ちしにくい!」と言われていますが、

果たして本当なのか?ということで実際に、洗濯機に入れて実験してみました!

現在38回目に突入中。↓『正』字が7個と3画♪

現在のところ全く異常ありません!・・・当たり前ですが(*^^*)

昇華プリントは生地の繊維に絡みついて接着するタイプではなく

繊維の一本一本に染みこんで行くので生地が破れるか擦り切れてしまわない限り大丈夫(^o^)丿♪

スポーツ界でも、よりインパクトの有るデザインが望まれる昨今、

やはり昇華プリントがお勧めです。

生地の機能を損なわずにプリント出来る方法は昇華プリント以外現在のところ考えられません!

<特色>

・デザインの色使いが無限→何色使っても同じ価格で出来ます!

・画像もフンダンに使えます→グラデーションが入ったものも驚くほど綺麗に出来ます。

・インクのベタツキ感が全く無い→通気性が抜群!

・シャツ全体にデザインしてもOK!→大きな版が必要ないためリーズナブル!

是非一度昇華プリントの現物を見てふらりとショールームにお立ち寄り下さい(^o^)丿

ただいまショールームはハロウィーンデザインに模様替え♪

【動画】ゲームのように仕事にハマる!ゲーミフィケーション導入 

 『ゲーミフィケーション』

        ゲームのように仕事にハマる!  マリリン塗り絵編 【動画】


2010年、アメリカではじまり注目された『ゲーミフィケーション』。

ゲームで使われている技術や楽しさをゲーム以外の分野にも応用しようという動き。

人は、何かをしたい、学びたいといった欲望があります。

その欲望が大きくなって達成されると脳内でドーパミンが分泌。

この快感が繰り返されると、所謂、「ハマる」。

しかし、趣味や遊び、自分の好きな分野以外で「ハマる」のはなかなか難しいもの。

単純作業や、ルーティンワークなどは、ともすれば、”惰性”でやってしまいがち。

この慣れが「つまらない」という思いを起こさせます。

この「つまらない」作業をゲームのように面白くしようというのが、

仕事のゲーム化=仕事のゲーミフィケーション。

課題に挑戦して達成感が得られると、更にチャレンジしようという仕事への動機付けが生まれ、

結果的に、社員の生産性の向上をもたらすと言われています。

ゲーミフィケーションの特徴の1つとして、仕事の見える化が挙げられます。

数値化すると、目標までの距離が目で分かります。

一時期流行った、計るだけダイエット、体重計に乗るだけダイエットも

数値を見える化することでモチベーションを維持しようというダイエットでした。

数値が減ると嬉しい、じゃあもう少し頑張ろうと、なります。

アメリカの大手調査会社ガートナ−によれば、

「2014年までにGlobal 2000企業の70%以上が、ゲーミフィケーションされた

アプリケーションを少なくとも1つは導入、2015 年までにイノベーションを司る組織の

半数以上が、そのプロセスにゲーム的な要素を 取り入れしている」と発表しました。

イノベーションを司る組織である絆工房でも(^^)

さっそく先月からこのゲーミフィケーションを仕事に取り入れアプリとある課題を導入。

(アプリの方は後日にご紹介)

ある課題とは、

塗り絵。

長い話しあいの結果、今回は、簡単に見える化できる”塗り絵”に落ちつきました。

まずは、実験的に男性陣から♪

日焼けしたマリリン、白髪交じりのマリリン、ひげ面のマリリン、

色んなマリリンが生まれました。

男性陣は、幼稚園以来久しぶりの塗り絵です♪

IFrame

【街ゼミ教室】ハッピーを一杯つめてさあ出かけよう♪

【街ゼミ教室】ハッピーを一杯つめてさあ出かけよう♪  (動画付き)


 

4月4日(土)体験型教室を絆工房本社で開催しました。

毎年好評の昇華プリントでつくるものづくり教室。

 

年に2回ほど企画されているワクワク体験、

今回はトートバック作りに挑戦!

受付開始直後に定員に達するほど人気の教室となりました。

 

お母さんと一緒に小さい子ども達も頑張りました。

仲良し女性グループの皆さんもセンスのいいトートバックを作られました。

「学校用の絵本カバンにする!」

「いいわ〜♪こんな綺麗に色が出るんですね」

嬉しい声を沢山いただきました。

 

それでは、詳細は、動画でお楽しみ下さい。

 

 

次回もまた仲間、親子で楽しめる昇華プリント体験教室を企画していきます。

是非、お友達、ご家族で参加なさって下さいね。

男性陣の参加も大歓迎です。

 

【関連記事】

街ゼミ オリジナルフェイスタオルを作ったよ!

街ゼミ オリジナルTシャツを作ったよ!

街ゼミ オリジナルパズルを作ったよ! 

 

 

2015/04/20