泣ける『犬の十戒』 犬を飼っている人もいない人も読んでいただきたい絆物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『犬の十戒』
作者不詳

1.私の生涯は10年から15年くらいしかありません。
   その間に少しでもあなたと離れている事はとても辛いのです。
   私を飼う前にどうかその事を忘れないで下さい。

2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

3. 私にとって1番大切な事はあなたからの信頼なのです。

4.私の事を長い時間叱ったり、そして罰として閉じ込めたりしないで下さい。
   あなたにはあなたの生活があり、仕事や楽しみ、そして友達もいるかもしれない
   でも・・・・私にはあなたしかいないのです。

5. 時には私に話しかけて下さい。
    あなたの話してくれる言葉の意味など分からなくても、
    私には全身であなたの言葉を理解できるのです。

6. あなたが私にどんな風に接してくれたかを、私は絶対に忘れません。

7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。
    私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、
    あなたを傷つけないと決めていることを。

8.  私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、
     私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
     もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、
     長い間日に照らされているかもしれない。
     それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

9.   いつか私が年老いたら、私の面倒を見て欲しいのです。
      私達は共に老いて行くのです。

10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。
      「もう見てはいられない。」
      「私ここにいたくない。」などと言わないで欲しい。
      あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。
      どうか忘れないで下さい、
      私はいつもあなたを愛していると言う事を。

      
いかがでしたでしょうか?
犬を人、小さな赤ちゃん、学校の友達、家族にもあてはめて読んでも違和感なくすっと心の中に入ってくる10ヶ条ではないでしょうか。

万物にやさしい人でありたいものです。

If a man aspires towards a righteous life, his first act of abstinence is from injury to animals.

正しい人生を歩みたいと心から願うならまずは動物を傷つけるのを止めるべきだ。アルベルト・アインシュタイン

絆をつなぐプロジェクトスタート
あなたの大切な ワンちゃんへプレゼントを考えてみませんか?

こちらのプロジェクト応募は現在終了しております

  • このエントリーをはてなブックマークに追加