【出会いに感謝するマスク】印刷会社で働くデザイナーの作ったオリジナルマスクがただのマナーマスクじゃない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絆工房シーサー

暖かくなり花粉の飛ぶ季節になりましたね。
コロナウィルスの影響でマスクが売り切れ状態が続く中、花粉症で悩む人にとっては非情に困った問題となっています。
外で「咳をしても気が引ける」雰囲気の中で、風邪対策、花粉症対策としてエチケットマスクは欲しいものです。
ところで、絆工房が3月中頃に白マスクを販売スタートしたのをご存知でしょうか?
絆工房 マスク


なぜ印刷会社がマスクを?

 
絆工房は、昇華プリントという特殊技術を駆使してオリジナルユニフォームやTシャツを製作している会社です。
「そんなオリジナルTシャツを作る会社がなぜマスクを作れるの??」
そんな素朴な疑問が湧いてきますね。
その疑問の回答が下の記事で説明しておりますのでまたご一読下さい。

マスク売れ切れ続出の今、印刷会社が本気で作った プリントマスクがすごすぎる!


この記事の中では、絆工房が動きの激しいスポーツ選手のニーズの合った生地、
しかも真っ白な肌触りのいいポリエステル100%の生地を使用していることで
白マスクを作れることがおわかりになったかと思います。
 
そしてその生地でオリジナルのデザインを作成することができることも分かりました。

 
ただ今、白はエチケットマスクとしてのお問い合わせ、そしてオリジナルマスクは
「これを着けることによってチームの士気が高くなる」というお客様からのお問い合わせをいただいております。
予想外に問い合わせを多くいただきまして、お手元に届くまでにはオリジナルマスクはおよそ2週間ほど
お時間をいただいておりますことをどうぞご了承下さい。


 
さて、絆工房では専属デザイナーがおります。
絆工房のデザイナー達もそれぞれのデザインセンスとデザインソフトのスキル力を生かして
オリジナルマスクをデザインし作成しましたので今回は若手デザイナーのデザインをご紹介したいと思います。
 
あなたがオリジナルマスクを作る上で是非ご参考になさって下さい。
 


 

オリジナルデザインから誕生する

オリジナルデザインマスク

タイプ1 ーオリジナルデザインからプリントするー

 
絆工房のオリジナルシーサマスク
 
繊細なタッチが独特の世界観を生み出しているデザイナーが描いたシーサーをプリントしたシーサーマスク
原画はこちら

 
沖縄の沖縄の守り神であるシーサーの帽子をかぶった男の子。
 
絆工房のオリジナルシーサマスクー
爽やかなミントカラーのドット柄のシーサーマスク。
もちろん様々な色の背景カラーでシーサープリントが出来ます。
さらに、1つのデータで様々なオリジナル商品が作れるのも昇華プリントの強みの1つ。
 
沖縄で出会った同業のオリジナルTシャツのお店のお兄さんにも色違いのマスク(グリーンとブルー)を
先日、サプライズプレゼントしたところ大変喜ばれ写真を送っていただきました。
 

デザイナーのオリジナルタオルもプレゼント♪
絆工房 オリジナルタオル
 
白いキャンパス(生地)から広がるオリジナルな世界。
そしてマスク1枚でつながる絆。
花粉症対策や自分の咳やくしゃみを周囲に飛散させない気遣いとしてのマナーとしてマスクを着けることが多いですが、
今回紹介したシーサーマスクは、
人との出会いに感謝する「プレゼント」としてマスクを活用させていただきました。
想いが伝わった時、人は感動するものです。
 
 
絆工房と NEW END
 
現在、デザイナーは2週間に1デザインのユニフォームやTシャツを作成しております。
こちらも追って随時HPでご紹介していただきたいと思います。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
ただの白いマスクじゃ面白くない、
さらに、絆工房のマスクがただのマスクじゃない理由をご紹介しました。
次回は、愛犬が好きすぎてこんなものまで昇華プリントでつくったデザイナーをご紹介します。
どうぞお楽しみに!

「愛犬ってオイラのことかい??ガシガシ」


 
絆工房では、もちろんマスクだけでなく、想いを伝えるユニフォームやTシャツを製作する会社。
最後に繋がりをTシャツに表現したお客様事例と、今年の絆工房オリジナルデザインTシャツを
いくつかご紹介します。
ぜひ、あなたも、あなたの想いをユニフォームやTシャツに表現してみませんか?
 
絆工房 LAFTELS マラソンユニフォーム
 
オリジナル昇華プリントユニフォーム
 

 
 

絆デザインを見る>>>

 

このデザイン以外にも定番のデザインTシャツの資料もご用意しております。

 

(※ 現在は布カバーは使用しておりません。)

 
オリジナルマラソンTシャツ問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加