BLOG

【絆のカタチ】No.57 合同会社点と線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローンスクール合同会社点と線

豊岡駅を降りて生田通りを少し下ったところにある北兵庫ドローンスクールを運営している
合同会社点と線に今回は取材しました。

天高く鳥の目線で見る景趣

北兵庫ドローンスクールの店内に入ると絆工房で作らせて頂いたスタッフユニフォームを着た合同会社点と線の折戸さんと村尾さんの姿。
ユニフォーム左胸にはトライアングルと漢字『点と線』のロゴデザインがされています。

ー笠原「この企業ロゴにはどんな意味があるのですか?」
ー折戸「点は「人」を表し、人と人との点が繋がって線となっています。それを表しています。」

折戸さんは、元大岡学園豊岡高等専修学校の先生。パソコンを使った情報リテラシーの授業を
生徒さんに教えていましたが、2019年学校を退職。
現在ドローンアドバイザーである村尾さんと共にドローンスクールを運営されています。

ー笠原 「お二人の点と点はどう結びついたのですか?」
ー折戸さん「今年2月にドローンセミナーを開催したのですが、そのセミナーに村尾さんが
来られたのをきっかけで知り合いました。」

ー村尾さん「ドローンユーザーである私がそのセミナーに参加し、折戸さんとのご縁をいただきました。
そしてドローンに興味がある人たちが集まられるような店舗兼オフィスを立ち上げました。」

オフィスには数多くのドローンが展示され実際に操作体験もさせていただきました。

まるで空中サッカー パラレルワールドで広がる
ドローンサッカー

ー笠原 「僕もドローンには興味を持っていたのですが・・・」
ー折戸さん「おもちゃのドローンは、コントロールが難しく途中で諦める人が多いんです。当社では、そういった操縦の仕方も教えさせていただきます。ドローンはネットでも買えますが、機体のセットアップ、操縦の仕方は自分で調べないとだめで、そこでつまづく人が多いんです。」

ー村尾さん「先日、シニア女性が、ドローンが動かないと言って持って来られましたが、単にアップデートしていなかっただけだったんです。ドローンのことならどんなことでも相談にのります。トータルサポートを目指しています。」

ー折戸さん「私たちは、ドローンの楽しさを知ってもらうことはもちろんですが、ルールとマナーを知らない人にきちんと教える場として地元密着のドローンスクールを作りたかったんです。」

ー 笠原 「ドローンは、他にどんなことが出来るんですか?」
ー村尾さん「ドローンでレースができます。神鍋高原にある開閉式屋根のある但馬ドームで、ドローンレース大会を誘致したいと思っています。」
ー折戸さん「ドローンサッカーの大会も誘致したいですね!今、ドローンサッカーが熱いんです。このドローンサッカーの試合も豊岡で開催したいですね。」

進むデジタル化は何の為、誰の為にあるのか

ー笠原「そのドローンサッカーについて詳しく教えて下さい。」
ー折戸さん「韓国発祥のメッシュボールの中にドローンをいれて5人対5人のチームに分かれて得点を競うスポーツです。」

性別も関係なし、運動神経も問われない、空中を縦横無尽にドローンボールを飛ばすハリアフリーなゲームスポーツ。

ー笠原 「バーチャルとリアルの両方を兼ね揃えているのがいいですね!」
ー村尾さん「僕たちのスクールは、ただドローンでいい映像を撮ることが目的ではありません。ドローンを通しての人材育成が目的です。この豊岡になにかおもしろいことを興したいと思っています。人の数だけアイデアがあります。」

折戸さんの点と村尾さんの点が結びつきドローンのホットスポットが生まれました。
その周りに人が集まり、お互いに結びつき、新しい絆が生まれる。
これが折戸さん、村尾さんが目指すづくりです。

ー笠原「何が起こるか非常に楽しみですね!人は本能で生きたい、知りたい、仲間になりたい生き物です。それがいわゆる、文化・科学・宗教ですね。」
ー村尾さん「人と人が結びつき、そこから何か新しいモノが生まれていきます。」
ー笠原「ドローンは絆づくりのツールですね。」
ー折戸さん「そうなんです。夢が広がります。そして、実現していきます。」

今後、合同会社点と線が、地域でどのように活躍されるか非常に楽しみです!
有難うございました。

ドローンスクール合同会社点と線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加